新規登録 ログイン

9_80 その他 / その他

平家物語原文全集「西光被斬 1」

著者名: 古典愛好家
Text_level_1
マイリストに追加
平家物語

西光被斬

さるほどに山門の大衆先座主を取りとどむるよし、法皇聞こし召して、いとど安からず思し召されける。西光法師申しけるは、

「山門の大衆、みだりがはしき訴へ仕る事、今にはじめずと申しながら、今度は以ての外に覚え候へ。これ程の狼藉いまだ承り候はず。よくよく御いましめ候へ」


とぞ申しける。身のただいま滅びんずるをもかへりみず、山王大師の神慮にもはばからず、かやうに申して神禁を悩まし奉る。讒臣は国を乱ると言へり。まことなるかな、叢蘭茂からんとすれども、秋風これを破り、王者明らかならんとすれば、讒臣これを暗うすとも、かやうの事をや申すべき。このこと、新大納言成親卿以下、近習の人々に仰せあはせられて、山攻めらるべしと聞えしかば、山門の大衆

「さのみ王地にはらまれて、詔命をそむくべきにあらず」


とて、内々院宣に随ひ奉る衆徒もありなど聞えしかば、前座主明雲大僧正は、妙光坊におはしけるが、大衆二心ありと聞いて、

「つゐにいかなる目にかあはむずらん」


と心ぼそげにぞ宣ひける。されども流罪の沙汰はなかりけり。

つづき

Tunagari_title
・平家物語原文全集「西光被斬 1」

Related_title
もっと見る 


Keyword_title

Reference_title
梶原正昭,山下宏明 1991年「新日本古典文学大系 44 平家物語 上」岩波書店

この科目でよく読まれている関連書籍

このテキストを評価してください。

※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。

 

テキストの詳細
 閲覧数 1,410 pt 
 役に立った数 0 pt 
 う〜ん数 0 pt 
 マイリスト数 0 pt 

知りたいことを検索!