新規登録 ログイン

9_80 文章の読み解き / 文章の読み解き

『伊勢物語 月やあらぬ』のわかりやすい現代語訳と解説

著者名: 走るメロス
Text_level_1
マイリストに追加
『月やあらぬ』

このテキストでは、平安時代初期に書かれた伊勢物語の一節、「月やあらぬ」の現代語訳・口語訳とその解説をしています。作者は不明です。

原文

昔、東の五条に大后の宮おはしましける西の対に、住む人ありけり。それを、本意にはあらで、こころざし深かりける人、行きとぶらひけるを、正月の十日ばかりのほどに、ほかに隠れにけり。あり所は聞けど、人の行き通ふべき所にもあらざりければ、なほ憂しと思ひつつなむありける。

またの年の正月に、梅の花盛りに、去年を恋ひて、行きて、立ちて見、ゐて見、見れど、去年に似るべくもあらず。うち泣きて、あばらなる板敷に、月の傾くまで伏せりて、去年を思ひ出でて詠める。

月やあらぬ春昔の春ならぬ わが身ひとつはもとの身にして

と詠みて、夜のほのぼのと明くるに、泣く泣く帰りにけり。

現代語訳(口語訳)

昔、東の五条のあたりに、皇太后が住んでいらっしゃった建物の西に、住んでいる人(女性)がいました。(初めは)本心ではなく、(次第に)愛情を深く寄せていった人が、(彼女を)訪れていたのですが、(彼女は)1月の10日あたりに、他の場所へ引っ越して身を隠してしまいました。(その通っていた人は、)彼女がいる場所を耳にはしたのですが、人がそう行き通えるような場所ではなかったので、(会えないことがつらいと思いながらも、)女性を思いながら過ごしていました。

次の年の正月に、梅の花が満開になる頃ですが、(男性は)去年のことをなつかしく思って、(彼女が引っ越すまで住んでいた所に)行って、立ちながら見て、座りながら見て、さらに見るのですが、去年(彼女が住んでいたときの様子)とは似るはずもありません。(男性は)泣いて、(戸も障子もなく)がらんとした板の間に、月が傾くまで横になって、去年のことを思い出して詠んだ歌です。

月も春も、昔のままのものではないのでしょうか。私だけは去年のままであるのに(すべて変わってしまったように思えます。)


と詠んで、夜がほのかに明けるころに、泣きながら帰っていきました。

次ページ:品詞分解と単語解説

1ページへ戻る
前のページを読む
1/2
次のページを読む

Related_title
もっと見る 


Keyword_title

Reference_title
佐竹昭広、前田金五郎、大野晋 編1990 『岩波古語辞典 補訂版』 岩波書店
『教科書 精選古典B 』三省堂

この科目でよく読まれている関連書籍

このテキストを評価してください。

※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。

 

テキストの詳細
 閲覧数 62,921 pt 
 役に立った数 118 pt 
 う〜ん数 13 pt 
 マイリスト数 0 pt 

知りたいことを検索!

まとめ
このテキストのまとめは存在しません。