新規登録 ログイン

9_80 その他 / その他

平家物語原文全集「内裏炎上 3」

著者名: 古典愛好家
Text_level_1
マイリストに追加
平家物語

内裏炎上

平大納言時忠卿、その時はいまだ左衛門督にておはしけるが、上卿にたつ。大講堂の庭に、三塔会合して、上卿をとって引っ張り、

「しや冠を打ち落とせ。その身を搦(から)めて湖に沈めよ」


などぞ僉議しける。既にかうと見えられけるに、時忠卿、

「しばらくしづまられ候へ。衆徒の御中へ申すべき事あり」


とて、懐より小硯、畳紙を取り出だし、一筆かいて、大衆の中へつかはす。これをひらいて見れば、

「衆徒の濫悪を致すは、魔縁の所行なり。明王の制止を加はるは、善政の加護なり」


とこそ書かれたれ。これを見て、引っ張るに及ばず。大衆皆もっとももっともと同じて、谷々におり、坊々へぞ入りにける。一紙一句をもって、三塔三千の憤りをやすめ、公私の恥をものがれ給へる時忠卿こそゆゆしけれ。

「山門の大衆は、発向のかまびすしきばかりかと思ひたれば、理(ことはり)をも存知したりけり」


とぞ感ぜられける。


同じき廿日、花山院権中納言忠親卿を上卿にて、国司加賀守師高つひに欠官せられて、尾張の井戸田へ流されけり。目代近藤判官師経禁獄せらる。また去ぬる十三日、神輿射奉し武士六人、獄定せらる。左衛門尉藤原正純・右衛門尉正季・左衛門尉大江家兼・右衛門尉同家国・左衛門尉清原康家・右衛門尉同康友・これらは皆小松殿の侍なり。

つづき
Tunagari_title
・平家物語原文全集「内裏炎上 3」

Related_title
もっと見る 


Keyword_title

Reference_title
梶原正昭,山下宏明 1991年「新日本古典文学大系 44 平家物語 上」岩波書店

この科目でよく読まれている関連書籍

このテキストを評価してください。

※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。

 

テキストの詳細
 閲覧数 1,647 pt 
 役に立った数 0 pt 
 う〜ん数 0 pt 
 マイリスト数 0 pt 

知りたいことを検索!