新規登録 ログイン

9_80 その他 / その他

平家物語原文全集「鹿谷 1」

著者名: 古典愛好家
Text_level_1
マイリストに追加
平家物語

鹿谷

これによって、主上御元服の御定め、その日はのびさせ給ひぬ。同じき廿五日、院の殿上にてぞ、御元服の定めはありける。摂政殿、さてもわたらせ給ふべきならねば、同じき十二月九日、兼ねて宣旨をかうぶり、十四日、太政大臣にあがらせ給ふ。やがて同じき十七日、慶び申しのありしかども、世の中はなほ苦々しうぞ見えし。

さるほどに今年も暮れぬ。あくれば嘉応三年正月五日、主上御元服あって、同じき十三日、朝覲の行幸ありけり。法皇・女院待ちうけまゐらつさせ給ひて、初冠(うひかぶり)の御粧、いかばかりらうたく思し召されけん。入道相国の御娘、女御にまゐらせ給ひけり。御歳十五歳、法皇御猶子の儀なり。

その頃、妙音院の太政のおほい殿、そのときはいまだ内大臣の左大将にてましましけるが、大将を辞し申させ給ふことありけり。時に徳大寺の大納言実定卿、その仁にあたり給ふ由きこゆ。また、花山院の中納言兼雅卿も所望あり。その外(ほか)故中御門(こなかのみかど)の藤中納言家成卿の三男、新大納言成親卿もひらに申されけり。院の御気色よかりければ、さまざまの祈りをぞ始められける。八幡に百人の僧をこめて、信読の大般若を七日よませられける最中に、甲良の大明神の御まへなる橘の木に、男山の方より山鳩三つ飛び来たって、食ひ合ひてぞ死ににける。

「鳩は八幡大菩薩の第一の使者なり。宮寺にかかる不思議なし」


とて、時の検校匡清法印、この由内裏へ奏聞す。神祗官にして御占あり。

「天下のさはぎ」


とうらなひ申す。

「但し君の御慎みにあらず、臣下の慎み」


とぞ申しける。


つづき

Tunagari_title
・平家物語原文全集「鹿谷 1」

Related_title
もっと見る 


Keyword_title

Reference_title
梶原正昭,山下宏明 1991年「新日本古典文学大系 44 平家物語 上」岩波書店

この科目でよく読まれている関連書籍

このテキストを評価してください。

※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。

 

テキストの詳細
 閲覧数 1,442 pt 
 役に立った数 0 pt 
 う〜ん数 1 pt 
 マイリスト数 0 pt 

知りたいことを検索!