新規登録 ログイン

9_80 その他 / その他

平家物語原文全集「二代后 2」

著者名: 古典愛好家
Text_level_1
マイリストに追加
平家物語

二代后

故近衛院の后、太皇太后宮と申ししは、大炊御門の右大臣公能公の御娘なり。先帝に後れ奉り給ひて後は、九重の外、近衛川原の御所にぞ移り住ませ給ひける。さきの后の宮にて、幽かなる御あり様にてわたらせ給ひしが、永暦のころほひは、御年廿二三にもやならせ給ひけむ、御さかりも少し過ぎさせおはしますほどなり。しかれども、天下第一の美人の聞えましましければ、主上色にのみ染める御心にて、ひそかに高力士に詔じて、外宮に引き求めしむるに及びで、この大宮へ御艶書あり。大宮敢へてきこしめしもいれず。さればひたすら早穂にあらはれて、后御入内あるべき由、右大臣家に宣旨を下さる。この事天下に於いてことなる勝事なれば、公卿僉議(くぎょうせんぎ)ありけり。各意見をいふ。

「まづ異朝の先蹤をとぶらふに、震旦の則天皇后は、唐の太宗の后、高宗皇帝の継母なり。太宗崩御の後、高宗の后に立ち給へる事あり。これは異朝の先規たるうへ、別段の事なり。然れども我が朝には、神武天皇より以降、人皇七十余代に及ぶまで、いまだ二代の后に成らせ給へる例を聞かず」


と、諸卿一同に申されけり。上皇もしかるべからざる由、こしらへ申させ給へば、主上仰せなりけるは、

「天子に父母なし。我、十善の戒功によつて、万乗の宝位をたもつ。これほどの事、などか叡慮に任せざるべき」


とて、やがて御入内の日、宣下せられけるうへは、力及ばせ給はず。


続き


Tunagari_title
・平家物語原文全集「二代后 2」

Related_title
もっと見る 


Keyword_title

Reference_title
梶原正昭,山下宏明 1991年「新日本古典文学大系 44 平家物語 上」岩波書店

この科目でよく読まれている関連書籍

このテキストを評価してください。

※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。

 

テキストの詳細
 閲覧数 2,111 pt 
 役に立った数 0 pt 
 う〜ん数 0 pt 
 マイリスト数 0 pt 

知りたいことを検索!