新規登録 ログイン

9_80 その他 / その他

平家物語原文全集「祇王 15」

著者名: 古典愛好家
Text_level_1
マイリストに追加
平家物語

祇王

「かやうに様をかへりて参りたれば、日頃の科(とが)をばゆるし給へ。ゆるさんと仰せられば、諸共(もろとも)に念仏して、ひとつ蓮(はちす)の身とならん。それになを心ゆかずは、これよりいづちへも迷ひゆき、いかならん苔のむしろ、松がねにも倒れふし、命のあらん限り念仏して、往生の素懐をとげんと思ふなり」


と、さめざめとかきくどきければ、祇王なみだをおさへて、

「誠(まこと)にわごぜのこれほどに思ひ給ひけるとは、夢にだに知らず。憂き世の中のさがなれば、身の憂きとこそ思ふべきに、ともすればわごぜの事のみうらめしくて、往生の素懐をとげん事かなふべしともおぼえず。今生も後生もなまじゐにし損じたる心地にてありつるに、かやうに様をかへておはしたれば、日頃の科(とが)は露塵(つゆちり)ほども残らず。今は往生疑ひなし。この度、素懐をとげんこそ、何よりもまたうれしけれ。我らが尼になりしをこそ、世にためしなき事のやうに人も言ひ、我が身にもまた思ひしか、様をかふることはりなり。今わごぜの出家にくらぶれば、事のかずにもあらざりけり。わごぜはうらみもなし、なげきもなし。今年はわづかに十七にこそなる人の、かやうに穢土(ゑど)をいとひ、浄土を願はんと、深く思ひいれ給ふこそ、まことの大道心とはおぼえたれ。うれしかりける善知識かな。いざもろともに願はん」


とて、四人一所にこもりゐて、朝冬仏前に花香を供へ、余念なく願ひければ、遅速こそありけれ、四人の尼ども、皆往生の素懐をとげけるとぞ聞こえし。されば、後白河の法皇の長講堂の過去帳にも、

「祇王、祇女、仏、とぢらが尊霊」


と、四人一所にいれられけり。あはれなりし事どもなり。


Tunagari_title
・平家物語原文全集「祇王 15」

Related_title
もっと見る 


Keyword_title

Reference_title
梶原正昭,山下宏明 1991年「新日本古典文学大系 44 平家物語 上」岩波書店

この科目でよく読まれている関連書籍

このテキストを評価してください。

※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。

 

テキストの詳細
 閲覧数 1,988 pt 
 役に立った数 0 pt 
 う〜ん数 1 pt 
 マイリスト数 0 pt 

知りたいことを検索!