新規登録 ログイン

9_80 その他 / その他

平家物語原文全集「祇王 14」

著者名: 古典愛好家
Text_level_1
マイリストに追加
平家物語

祇王

祇王、

「あれはいかに、仏御前と見たてまつるは。夢かや、うつつか」


と言ひければ、仏御前涙をおさへて、

「かようの事申せば、事あたらしうさぶらへ共、申さずはまた思ひ知らぬ身ともなりぬべければ、はじめよりして申すなり。もとよりわらはは推参のものにて出だされ参らせさぶらひしを、祇王御前の申しやうによってこそ、召しかへされてもさぶらふに、女のはかなきこと、我が身を心にまかせずして、おしとどめられまゐらせし事、心憂うこそさぶらひしか。いつぞやまた、召されまゐらせて、今様うたひ給ひしにも、思ひ知られてこそさぶらへ。いつか我が身のうへならんと思ひしかば、嬉しとはさらに思はず。障子にまた、

「いづれか秋にあはではつべき」

と、書き置き給ひし筆のあと、げにもと思ひさぶらひしぞや。その後は、在所をいづくとも知りまゐらせざりつるに、かやうにさまをかへて、ひと所にとうけ給はってのちは、あまりにうらやましくて、常は暇(いとま)を申ししかども、入道殿さらに御もちゐましまさず。つくづく物を案ずるに、娑婆(しゃば)の栄花は夢のゆめ、楽しみ栄へて何かせむ。人身は請けがたく、仏教にはあひがたし。この度ないりに沈みなば、多生曠劫(たしょうこうごう)をばへだつとも、浮かびあがらん事かたし。年の若きをたのむべきにあらず。老少不足のさかひなり。出づる息の入るをもまつべからず。かげろふいなづまよりなをはかなし。一旦の楽しみにほこって、後生を知らざらん事のかなっしさに、けさまぎれ出でてかくなってこそ参りたれ」


とて、かづきたる衣(きぬ)をうちのけたるを見れば、尼になってぞ出で来たる。


次へ

Tunagari_title
・平家物語原文全集「祇王 14」

Related_title
もっと見る 


Keyword_title

Reference_title
梶原正昭,山下宏明 1991年「新日本古典文学大系 44 平家物語 上」岩波書店

この科目でよく読まれている関連書籍

このテキストを評価してください。

※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。

 

テキストの詳細
 閲覧数 2,612 pt 
 役に立った数 0 pt 
 う〜ん数 0 pt 
 マイリスト数 0 pt 

知りたいことを検索!