新規登録 ログイン

9_80 その他 / その他

平家物語原文全集「祇王 9」

著者名: 古典愛好家
Text_level_1
マイリストに追加
平家物語

祇王

母とぢこれを聞くにかなしくて、いかなるべしともおぼえず。なくなく教訓しけるは、

「いかに祇王御前、ともかうも御返事を申せかし、左様にしかられまいらせんよりは」


と言へば、祇王、

「参らんと思ふ道ならばこそ、やがて参るとも申さめ。参らざらむ物故に、何と御返事を申すべしともおぼえず。

「この度召さんに参らずは、はからふむねあり」

と仰せらるるは、都の外へ出ださるるか、さらずは命を召さるるか、この二つにはよも過ぎじ。たとひ都を出ださるるとも、嘆くべき道にあらず。たとひ命を召さるるとも、おしかるべきまた我が身かは。一度憂きものに思はれまいらせて、ふたたびおもてを向かふべきにもあらず」


とて、なを御返事をも申さざりけるを、母とぢかさねて教訓しけるは、

「天が下に住まんほどは、ともかうも入道殿の仰せをば背 (そむく)まじきことにてあるぞとよ。男女の縁、宿世、今にはじめぬ事ぞかし。千年・万年とちぎれども、やがてはなるる中もあり。あからさまとは思へども、ながらへ果つることもあり。世に定めなきものは男女のならひなり。それにわごぜは、この三年 (みとせ)まで思はれまゐらせたれば、ありがたき御情でこそあれ、召さんに参らねばとて、命をうしなはるるまではよもあらじ。ただ都の外へぞ出されんずらん。たとひ都を出ださるとも、わごぜたちは年若ければ、いかならん岩木のはざまにても、過ごさん事やすかるべし。年老いおとろへたる母、都の外へぞ出だされんずらむ。ならはぬひなのすまゐこそ、かねて思ふもかなしけれ。ただ我を都のうちにて、住み果てさせよ。それぞ今生 (こんじょう)・後生 (ごしょう)の孝養と思はむずる」


と言へば、祇王憂しと思ひし道なれども、おやの命をそむかじと、なくなくまた出で立ちける。心のうちこそ無慙 (むざん)なれ。


続き
Tunagari_title
・平家物語原文全集「祇王 9」

Related_title
もっと見る 


Keyword_title

Reference_title
梶原正昭,山下宏明 1991年「新日本古典文学大系 44 平家物語 上」岩波書店

この科目でよく読まれている関連書籍

このテキストを評価してください。

※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。

 

テキストの詳細
 閲覧数 2,217 pt 
 役に立った数 0 pt 
 う〜ん数 0 pt 
 マイリスト数 0 pt 

知りたいことを検索!