新規登録 ログイン

9_80 その他 / その他

平家物語原文全集「殿上闇討 6」

著者名: 古典愛好家
Text_level_1
マイリストに追加
平家物語

祇園精舎

陳じ申けるは、

「まづ郞従小庭に祗候(じこう)の由、全く覚悟仕(つかまつら)ず。但し近日人々あひたくまるる旨、子細あるかの間、年来の家人、事を伝へ聞くかによつて、その恥を助けんが為に、忠盛には知られずして、ひそかに参候の条、力及ばざる次第なり。もしなをその咎あるべくは、かの身を召し進ずべきか。次に刀の事、主殿司(とものつかさ)に預け置きをはんぬ。是を召し出され、刀の実否について、咎の左右あるべきか」


と申す。

「この儀尤も然るべし」


とて、その刀を召し出だして叡覧あれば、上は鞘巻(さやまき)のくろく塗つたりけるが、中は、木刀に銀薄をぞおしたりける。

「当座の恥辱をのがれんが為に、刀を帯する由あらはすといへども、後日の訴訟を存じて、木刀を帯しける用意のほどこそ神妙なれ。弓箭に携らむ者のはかりことは、尤(もっと)もかうこそあらまほしけれ。兼又郞従小庭に祗候(じこう)の条、且つは武士の郞等の習ひなり。忠盛が咎にはあらず」


とて、還而叡感に預かっしうへは、敢へて罪科の沙汰もなかりけり。


Tunagari_title
・平家物語原文全集「殿上闇討 6」

Related_title
もっと見る 


Keyword_title

Reference_title
梶原正昭,山下宏明 1991年「新日本古典文学大系 44 平家物語 上」岩波書店

この科目でよく読まれている関連書籍

このテキストを評価してください。

※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。

 

テキストの詳細
 閲覧数 1,523 pt 
 役に立った数 0 pt 
 う〜ん数 0 pt 
 マイリスト数 0 pt 

知りたいことを検索!