新規登録 ログイン

9_80 その他 / その他

平家物語原文全集「殿上闇討 1」

著者名: 古典愛好家
Text_level_1
マイリストに追加
平家物語

祇園精舎

しかるを忠盛備前守(ただもりびぜんのかみ)たりし時、鳥羽院の御願、得長寿院を造進して、三十三間の御堂を建て、一千一体の御仏を据え奉る。供養は天承元年三月十三日なり。勧賞(けんじょう)には關国(けんこく)を給ふべき由(よし)仰下されける。境節(をりふれ)但馬国(たじまのくに)のあきたりけるを給ひにけり。上皇御感の余りに、内の昇殿をゆるさる。忠盛三十六にて、始めて昇殿す。

雲の上人これをそねみ、同じ年の12月廿三日、五節豐明(ごせつとよのあかり)の節会(せちえ)の夜、忠盛を闇討ちせんとぞ擬せられける。忠盛、是を伝え聞いて、

「われ右筆の身にあらず。武勇の家に生まれて、今不慮の恥にあわん事、家の為身の為、心憂かるべし。せむずるところ、身を全うして君に仕ふという本文あり」


とて、かねて用意をいたす。参内のはじめより、大きなる鞘卷(さやまき)を用意して、束帯(そくたい)の下にしどけなげにさし、火のほの暗き方に向かつて、やはら此の刀を抜き出し、鬢(びん)にひきあてられけるが、氷なんどの様にぞ見えける。諸人目をすましけり。

続き
Tunagari_title
・平家物語原文全集「殿上闇討 1」

Related_title
もっと見る 


Keyword_title

Reference_title
梶原正昭,山下宏明 1991年「新日本古典文学大系 44 平家物語 上」岩波書店

この科目でよく読まれている関連書籍

このテキストを評価してください。

※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。

 

テキストの詳細
 閲覧数 2,520 pt 
 役に立った数 0 pt 
 う〜ん数 0 pt 
 マイリスト数 0 pt 

知りたいことを検索!