新規登録 ログイン

9_80 その他 / その他

蜻蛉日記原文全集「さて助に、かくてやなどさかしらがる人のありて」

著者名: 古典愛好家
Text_level_1
マイリストに追加
蜻蛉日記

さて助に、かくてやなどさかしらがる人のありて

さて助に、

「かくてや」


など、さかしらがる人のありて、ものいひつく人あり。八橋(やつはし)のほどにやありけん、はじめて、

かづらきやかみよのしるしふかからば ただひとことにうちもとけなん

かへりごと、こたびはなかめり。

かへるさのくもではいづこやつはしの ふみみてけんとたのむかひなく

こたみぞかへりごと、

かよふべきみちにもあらぬやつはしを ふみみてきともなにたのむらん

とかき手して書いたり。又

なにかそのかよはんみちのかたからん ふみはじめたるあとをたのめば

又、かへりごと、

たづぬともかひやなからんおほぞらの くもぢはかよふあとはかもあらじ

まけじとおもひ顔なめれば、又

おほぞらもくものかけはしなくはこそ かよふはかなきなげきをもせめ

かへし、

ふみみれどくものかけはしあやふしと おもひしらずもたのむなるかな

又やる、

なほをらん心たのもしあしたづの くもぢおりくるつばさやはなき

こたみは、

「くらし」


とてやみぬ。


しはすになりにたり。又、

かたしきしとしはふれどもさごろもの なみだにしむるときはなかりき

「ものへなん」


とて、かへりごとなし。又の日許(ばかり)、かへりごと乞(こ)ひにやりたれば、そばの木に

「みき」


とのみ書きておこせたり。やがて

我がなかはそばみぬるかとおもふまで みきとばかりもけしきばむかな

かへりごと、

あまぐもの山のはるけきまつなれば そばめるいろはときはなりけり

Tunagari_title
・蜻蛉日記原文全集「さて助に、かくてやなどさかしらがる人のありて」

Related_title
もっと見る 


Keyword_title

Reference_title
The University of Virginia Library Electronic Text Center and the University of Pittsburgh East Asian Library http://etext.lib.virginia.edu/japanese/
長谷川 政春,伊藤 博,今西 裕一郎,吉岡 曠 1989年「新日本古典文学大系 土佐日記 蜻蛉日記 紫式部日記 更級日記」岩波書店

この科目でよく読まれている関連書籍

このテキストを評価してください。

※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。

 

テキストの詳細
 閲覧数 1,514 pt 
 役に立った数 0 pt 
 う〜ん数 0 pt 
 マイリスト数 0 pt 

知りたいことを検索!