新規登録 ログイン

9_80 その他 / その他

蜻蛉日記原文全集「かくてなほおなじごと」

著者名: 古典愛好家
Text_level_1
マイリストに追加
蜻蛉日記

かくてなほおなじごと

かくてなほおなじごと、たえず

「殿にもよほしきこえよ」


など、つねにあれば、かへりごとも見せんとて、

「かくのみあるを、ここにはこたへなんわづらひぬる」


とものしたれば、

「ほどをさものしてしを、などかかくはあらん。八月まつほどは。そこにびびしうもてなし給ふとか世にいふめる。それはしもうめきもきこえてんかし」


とあり。たはぶれと思ふほどにたびたびかかれば、あやしうおもひて、

「ここにはもよほしきこゆるにはあらず。いとうるさくはべれば、

「すべてここにはの給ふまじきことなり」

とものし侍るを、なほぞあめれば見たまへあまりてなん。さてなでふことにも侍るかな。

いまさらにいかなるこまかなづくべき すさめぬくさとのがれにしみを

あなまばゆ」


とものしけり。


頭の君、なほこの月のうちにはたのみをかけてせむ。このごろ例の年にもにず、ほととぎす

「たちをとほして」


といふ許(ばかり)になくを、ここにも書く文のはしつかたに、

「例ならぬほととぎすのおとなひにも、やすき空なく思ふべかめり」


と、かしこまりをはなはだしうおきたれば、つややかなることはものせざりけり。

助、

「馬ぶねしばし」


と借りけるを、例の文のはしに、

「助の君に、

「ことならずは馬ぶねもなし」

ときこえさせ給へ」


とあり。かへりごとにも、

「馬ぶねは立てたるところありておぼすなれば、給らんにわづらはしかりなん」


とものしたれば、た ちかへりて、

「立てたるところはべなるふねは、けふあすのほどにらちふすべきところほしげになん」


とぞある。


Tunagari_title
・蜻蛉日記原文全集「かくてなほおなじごと」

Related_title
もっと見る 


Keyword_title

Reference_title
長谷川 政春,伊藤 博,今西 裕一郎,吉岡 曠 1989年「新日本古典文学大系 土佐日記 蜻蛉日記 紫式部日記 更級日記」岩波書店
The University of Virginia Library Electronic Text Center and the University of Pittsburgh East Asian Library http://etext.lib.virginia.edu/japanese/

この科目でよく読まれている関連書籍

このテキストを評価してください。

※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。

 

テキストの詳細
 閲覧数 1,449 pt 
 役に立った数 0 pt 
 う〜ん数 0 pt 
 マイリスト数 0 pt 

知りたいことを検索!