新規登録 ログイン

9_80 その他 / その他

蜻蛉日記原文全集「さてその日ごろえらびまうけつる廿二日の夜」

著者名: 古典愛好家
Text_level_1
マイリストに追加
蜻蛉日記

さてその日ごろえらびまうけつる廿二日の夜

さてその日ごろえらびまうけつる廿二日の夜、ものしたり。こたみはさきざきのさまにもあらず、いとづしやかになりまさりたる物から、せむるは、さまいとわりなし。

「殿の御ゆるされはみちなくなりにたり。そのほどはるかにおぼえはべるを、御かへりみにていかでとなん」


とあれば、

「いかにおぼして、かうはの給ふ。そのはるかなりとの給ふほどにや、初(うひ)ごともせんとなんみゆる」


といへば、

「いふかひなきほども、物がたりはするは」


といふ。

「これはいとさにはあらず。あやにくに面(おも)ぎらひするほどなればこそ」


などいふも、ききわかぬやうに、いとわびしく見えたり。

「胸はしるまでおぼえはべるを、この御簾(みす)のうちにだにさぶらふと思ひ給へて、まかでん。ひとつひとつをだになすことにし侍らん。かへりみさせ給へ」


といひて、すだれに手をかくれば、いとけうとけれど聞きも入れぬやうにて、

「いたうふけぬらんを、例はさしもおぼえ給ふ夜になんある」


とつれなういへば、
「いとかうは思ひきこえさせずこそありつれ。あさましういみじう、かぎりなうかなしと思ひたまふべし。御暦も軸もとになりぬ。わるくきこえさする御気色もかかり」


など、おりたちてわびいりたれば、いとなつかしさに、

「なほいとわりなきことなりや。院に、内裏(うち)になどさぶらひ給らん昼まのやうにおぼしなせ」


などいへば、

「そのことの心はくるしうこそはあれ」


とわびいりてこたふるに、いとふかひなし。いらへわづらひて、はてはものもいはねば、

「あなかしこ、御気色もあしうはべめり。さらば今はおほせごとなからんにはきこえさせじ。いとかしこし」


とて、爪(つま)はじきうちしてものもいはで、しばしありてたちぬ。出づるに、

「松明(まつ)」


などいはすれど、

「さらにとらせでなん」


ときくに、いとほしくなりて、まだつとめて、

「いとあやにくに松明(まつ)ともの給はせで、かへらせ給ふめりしは、たひらかにやときこえさせになん。

ほととぎすまたとふべくもかたらはで かへる山ぢのこぐらかりけん

こそいとほしう」


とかきてものしたり。さしおきてくれば、かれより、

とふ声はいつとなけれどほととぎす あけてくやしき物をこそおもへ

ど、いたうかしこまり、給はりぬ」


とのみあり。


Tunagari_title
・蜻蛉日記原文全集「さてその日ごろえらびまうけつる廿二日の夜」

Related_title
もっと見る 


Keyword_title

Reference_title
The University of Virginia Library Electronic Text Center and the University of Pittsburgh East Asian Library http://etext.lib.virginia.edu/japanese/
長谷川 政春,伊藤 博,今西 裕一郎,吉岡 曠 1989年「新日本古典文学大系 土佐日記 蜻蛉日記 紫式部日記 更級日記」岩波書店

この科目でよく読まれている関連書籍

このテキストを評価してください。

※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。

 

テキストの詳細
 閲覧数 1,474 pt 
 役に立った数 0 pt 
 う〜ん数 0 pt 
 マイリスト数 0 pt 

知りたいことを検索!