新規登録 ログイン

9_80 その他 / その他

蜻蛉日記原文全集「来そめぬれば」

著者名: 古典愛好家
Text_level_1
マイリストに追加
蜻蛉日記

来そめぬれば

来そめぬれば、しばしばものしつつ、おなじことをものすれど、

「ここには、御ゆるされあらんところよりさぞあらんときこそは、わびてもあべかめれ」


といへば、

「やんごとなきゆるされはなりにたるを」


とて、かしがましうせむ。

「この月とこそは殿にもおほせはありしか。廿余日のほどなん、よき日はあなる」


とてせめらるれど、助、寮(つかさ)のつかひにとてまつりにものすべければ、そのことをのみおもふに、人はいそぎのはつるを待ちけり。みそぎの日、犬の死にたるを見つけて、いふかひなくとまりぬ。


さてなほここには、いといちはやき心ちすれば思ひかくることもなきを、かれより、

「かくなんおほせありきとて、せむるごときこえよ」


とのみあれば、

「いかでさはのたまはせるにかあらん。いとかしがましければ、見せたてまつりつべくて。御かへり」


といひたれば、

「さは思ひしかども、助のいそぎしつるほどにて、いとはるかになんなりにけるを、もし御心かはらずは、八月ばかりにものし給へかし」


とあれば、いとめやすき心ちして、

「かくなんはべめる。いちはやかりける暦は不定(ふじょう)なりとは、さればこそきこえさせしか」


とものしたれば、かへりごともなくて、と許(ばかり)ありてみづから、

「いと腹だたしきこときこえさせになんまゐりつる」


とあれば、

「なにごとにか。いとおどろおどろしくはべらん。さらばこなたに」


といはせたれば、

「よしよし、かう夜昼まゐりきては、いとどはるかになりなん」


とて、入(い)らで、と許(ばかり)助とものがたりして、たちて硯(すずり)、紙とこひたり。出だしたれば、書きておしひねりて入れていぬ。見れば、

ちぎりおきしうづきはいかにほとゝぎす わがみのうきにかけはなれつつ

いかにしはべらまし。屈(く)しいたくこそ。暮にを」


とかいたり。手もいとはづかしげなりや。かへりごと、やがておひてかく。

なほしのべはなたちばなの枝やなき あふひすぎぬるうづきなれども


Tunagari_title
・蜻蛉日記原文全集「来そめぬれば」

Related_title
もっと見る 


Keyword_title

Reference_title
The University of Virginia Library Electronic Text Center and the University of Pittsburgh East Asian Library http://etext.lib.virginia.edu/japanese/
長谷川 政春,伊藤 博,今西 裕一郎,吉岡 曠 1989年「新日本古典文学大系 土佐日記 蜻蛉日記 紫式部日記 更級日記」岩波書店

この科目でよく読まれている関連書籍

このテキストを評価してください。

※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。

 

テキストの詳細
 閲覧数 1,671 pt 
 役に立った数 0 pt 
 う〜ん数 0 pt 
 マイリスト数 0 pt 

知りたいことを検索!