新規登録 ログイン

9_80 その他 / その他

蜻蛉日記原文全集「二日許ありて、ただことばにて」

著者名: 古典愛好家
Text_level_1
マイリストに追加
蜻蛉日記

二日許ありて、ただことばにて

二日許ありて、ただことばにて

「侍らぬほどにものしたまへりけるかしこまり」


などいひてたてまつれてのち、

「いとおぼつかなくてまかでにしを、いかで」


とつねにあり。

「にげないことゆゑに、あやしの声までやは」


などあるは、ゆるしなきを、

「助にものきこえむ」


といひがてら、暮れにものしたり。いかがはせんとて格子二間(ふたま)ばかりあげて、簀子(すのこ)に火ともして廂(ひさし)にものしたり。助、対面(たいめ)して、

「はやく」


とてえんにのぼりぬ。妻戸をひきあけて

「これより」


といふめれば、あゆみよるものの、又たちのきて

「まづ御消息きこえさせたまへかし」


としのびやかにいふなれば、入りて

「さなん」


とものするに、

「おぼしよらんところにきこえよかし」


などいへば、すこしうちわらひて、よきほどにうちそよめきていりぬ。


助とものがたりしのびやかにして、笏(さく)に扇のうちあたるおとばかりときどきして、ゐたり。うちにおとなうてややひさしければ、助に、

「「一日かひなうてまかでにしかば、心もとなさになん」

ときこえ給へ」


とていれたり。

「はやう」


といへばゐざりよりてあれど、とみにものもいはず。うちよりはたましておとなし。とばかりありて、おぼつかなうおもふにやあらんとて、いささかしはぶきの気色したるにつけて、

「ときしもあれ、あしかりけるをりにさぶらひあひはべりて」


といふをはじめにて、思ひはじめけるよりのこと、いとおほかり。うちには、たゞ、

「いとまがまがしきほどなれば、かうの給ふも夢の心ちなんする。ちひさきよりも世にいふなる鼠おひのほどにだにあらぬを、いとわりきことになん」


などやうにこたふ。声いといたうつくろひたなりときけば、われもいとくるし。


雨うちみだる暮れにて、かはづの声いとたかし。夜ふけゆけば、うちより

「いとかくむくつけげなるあたりは、うちなる人だにしづ心なくはべるを」


といひ出だしたれば、

「なにか、これよりまかづと思ふたまへむかし、おそろしきことはべらじ」


といひつつ、いたうふけぬれば、

「助の君の御いそぎも近うなりにたらんを、そのほどの雑役(ざうやく)をだにつかうまつらん。殿に、かうなんおほせられしと御気色給はりて、又、の給はせんこときこえさせに、あすあさてのほどにもさぶらふべし」


とあれば、立つななりとて、丁のほころびよりかきわけて見いだせば、簀子(すのこ)にともしたりつる火は、はやう消えにけり。うちにはもののしりゑにともしたれば光ありて、外(と)の消えぬるもしられぬなりけり。かげもや見えつらんとおもふにあさましうて、

「腹ぐろう、消えぬともの給はせで」


といへば、

「なにかは」


さぶらふ人もこたへてたちにけり。



Tunagari_title
・蜻蛉日記原文全集「二日許ありて、ただことばにて」

Related_title
もっと見る 


Keyword_title

Reference_title
The University of Virginia Library Electronic Text Center and the University of Pittsburgh East Asian Library http://etext.lib.virginia.edu/japanese/
長谷川 政春,伊藤 博,今西 裕一郎,吉岡 曠 1989年「新日本古典文学大系 土佐日記 蜻蛉日記 紫式部日記 更級日記」岩波書店

この科目でよく読まれている関連書籍

このテキストを評価してください。

※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。

 

テキストの詳細
 閲覧数 1,679 pt 
 役に立った数 0 pt 
 う〜ん数 0 pt 
 マイリスト数 0 pt 

知りたいことを検索!