新規登録 ログイン

9_80 その他 / その他

蜻蛉日記原文全集「ついたち、七八日のほどの昼つかた」

著者名: 古典愛好家
Text_level_1
マイリストに追加
蜻蛉日記

ついたち、七八日のほどの昼つかた

ついたち、七八日のほどの昼つかた、

「右馬頭(むまのかみ)おはしたり」


といふ。

「あなかま、ここになしとこたへよ。ものいはむとあらんに、まだしきに便(び)なし」


などいふほどに入りて、あらはなる籬(まがき)のまへにた立ちやすらふ。例もきよげなる人の、練りぞしたる着て、なよよかなる直衣、太刀ひきはき、例のことなれど、あか色の扇すこしみだれたるをもてまさぐりて、風邪はやきほどにえひふき上げられつつ立てるさま、絵にかきたるやうなり。

「きよらの人あり」


とて、奥まりたるをんなどもなど、うちとけすがたにて出でて見るに、ときしもあれ、この風の、すだれを外へふき内へふき、まどはせば、すだれをたのみたるものども我か人かにておさへひかへさわぐまに、なにか、あやしの袖口もみな見つらんと思ふに、死ぬばかりいとほし。よべ出居(いでい)のところより、夜ふけてかへりて寝臥(ねふ)したる人をおこすほどに、かかるなりけり。からうじておきいでて、ここには人もなきよし言ふ。風のここちあわたたしさに、格子をみな、かねてよりおろしたるほどにあれば、なにごといふもよろしきなりけり。しひて簀子(すのこ)にのぼりて、

「今日よき日なり。わらふだかひ給へ。ゐそめん」


など許かたらひて、

「いとかひなきわざかな」


とうちなげきてかへりぬ。


Tunagari_title
・蜻蛉日記原文全集「ついたち、七八日のほどの昼つかた」

Related_title
もっと見る 


Keyword_title

Reference_title
長谷川 政春,伊藤 博,今西 裕一郎,吉岡 曠 1989年「新日本古典文学大系 土佐日記 蜻蛉日記 紫式部日記 更級日記」岩波書店
The University of Virginia Library Electronic Text Center and the University of Pittsburgh East Asian Library http://etext.lib.virginia.edu/japanese/

この科目でよく読まれている関連書籍

このテキストを評価してください。

※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。

 

テキストの詳細
 閲覧数 2,427 pt 
 役に立った数 0 pt 
 う〜ん数 1 pt 
 マイリスト数 0 pt 

知りたいことを検索!