新規登録 ログイン

9_80 その他 / その他

蜻蛉日記原文全集「大夫、例のところに文やる」

著者名: 古典愛好家
Text_level_1
マイリストに追加
蜻蛉日記

大夫、例のところに文やる

大夫、例のところに文(ふみ)やる。さきざきのかへりごとども、みづからのとは見えざりければ、うらみなどして、

ゆふされのねやのつまづまながむれば てづからのみぞくももかきける

とあるを、いかがおもひけん、しろい紙にものの先にて書きたり。

くものかくいとぞあやしき風ふけば そらにみだるるものとしるしる

たちかへり、

つゆにてもいのちかけたるくものいに あらきかぜをばたれかふせがむ

「くらし」


とてかへりごとなし。又の日、昨日の白紙(しらかみ)おもひいでてにやあらん、かくいふめり。

たじまのやくぐひのあとを今日みれば ゆきのしらはましろくてはみじ

とてやりたるを、

「物へなん」


とてかへりごとなし。又の日、

「かへりにたりや、かへりごと」


と、ことばにてこひにやりたれば、

「昨日のはいとふるめかしき心ちすれば、きこえず」


といはせたり。又の日、

「一日はふるめかしとか。いとことわりなり」


とて、

ことわりやいはでなげきしとし月も ふるのやしろのかみさびにけん

とあれど、

「けふあすは物忌」


と、かへりごとなし。

あくらんとおもふ日のまだしきに、

夢ばかりみてしばかりにまどひつつ あくるぞおそきあまのとざしは

このたびもとかういひまぎらはせば、又、

さもこそはかつらぎ山になれたらめ ただひとことやかぎりなりける

誰かならはせる」


となん。

わかき人こそかやういふめれ、我ははるのよのつね、秋のつれづれ、いとあはれふかきながめをするよりは、のこらん人の思ひいでにもみよとて、絵をぞかく。さるうちにも今やけふやとまたるる命、やうやう月たちて日もゆけば、さればよ、よも死なじものを、さいはひある人こそ命はつづむれと思ふに、うべもなく九月もたちぬ。

廿七八日のほどに、土をかすとてほかなる夜しも、めづらしきことありけるを、人つげにきたるも、なにごともおぼえねば、うとくてやみぬ。



Tunagari_title
・蜻蛉日記原文全集「大夫、例のところに文やる」

Related_title
もっと見る 


Keyword_title

Reference_title
長谷川 政春,伊藤 博,今西 裕一郎,吉岡 曠 1989年「新日本古典文学大系 土佐日記 蜻蛉日記 紫式部日記 更級日記」岩波書店
The University of Virginia Library Electronic Text Center and the University of Pittsburgh East Asian Library http://etext.lib.virginia.edu/japanese/

この科目でよく読まれている関連書籍

このテキストを評価してください。

※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。

 

テキストの詳細
 閲覧数 1,875 pt 
 役に立った数 1 pt 
 う〜ん数 0 pt 
 マイリスト数 0 pt 

知りたいことを検索!