新規登録 ログイン

9_80 その他 / その他

蜻蛉日記原文全集「三月になりぬ」

著者名: 古典愛好家
Text_level_1
マイリストに追加
蜻蛉日記

三月になりぬ

三月になりぬ。木の芽、すずめがくれになりて、まつりのころおぼえて、榊(さかき)笛こひしう、いとものあはれなるにそへても、音なきことを猶おどろかしけるもくやしう、例の絶えまよりもやすからずおぼえけんは、なにの心にかありけん。

この月七日になりにけり。今日ぞ

「これ縫ひて。つつしむことありてなん」


とある。めづらしげもなければ、

「給はりぬ」


など、つれなうものしけり。昼つ方より、雨のどかにはじめたり。

十日、おほやけは八幡のまつりのこととののしる。我は、ひとのまうづめるところあめるに、いとしのびて出でたるに、昼つか方かへりたれば、あるじのわかき人々、

「いかでもの見ん。まだわたらざなり」


とあれば、かへりたる車もやがて出だし立つ。

又の日、かへさ見んと人々のさはぐにも、心ちいとあしうてふしくらさるれば、見ん心ちなきに、これかれそそのかせば、ただ檳榔(びらう)ひとつに四人許のりて出でたり。冷泉院の御門(みかど)の北の方にたてり。こと人おほくも見ざりければ、人ごこちしてたてれば、と許ありてわたる人、わがおもふべき人も陪従(べいじう)ひとり、舞人にひとりまじりたり。

このごろ、ことなることなし。



Tunagari_title
・蜻蛉日記原文全集「三月になりぬ」

Related_title
もっと見る 


Keyword_title

Reference_title
The University of Virginia Library Electronic Text Center and the University of Pittsburgh East Asian Library http://etext.lib.virginia.edu/japanese/
長谷川 政春,伊藤 博,今西 裕一郎,吉岡 曠 1989年「新日本古典文学大系 土佐日記 蜻蛉日記 紫式部日記 更級日記」岩波書店

この科目でよく読まれている関連書籍

このテキストを評価してください。

※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。

 

テキストの詳細
 閲覧数 2,161 pt 
 役に立った数 0 pt 
 う〜ん数 0 pt 
 マイリスト数 0 pt 

知りたいことを検索!