新規登録 ログイン

9_80 その他 / その他

蜻蛉日記原文全集「かくて異腹のせうとも京にて法師にてあり」

著者名: 古典愛好家
Text_level_1
マイリストに追加
蜻蛉日記

かくて異腹のせうとも京にて法師にてあり

かくて異腹のせうとも京にて法師にてあり、ここにかくいひ出だしたる人、しりたりければ、それして呼びとらせてかたらはするに

「なにかは。いとよきことなりとなんおのれは思ふ。そもそもかしこにまぼりてものせん、世の中いとはかなければ、今はかたちをも異になしてむとてなん、ささのところに月ごろはものせらるる」


などいひおきて、又の日といふばかりに山超えにものしたりければ、異腹にてこまかになどしもあらぬ人の、ふりはへたるをあやしがる。

「なにごとによりて」


などありければ、とばかりありてこのことをいひ出だしたりければ、まづともかくもあらで、いかにおもひけるにか、いといみじう泣き泣きて、とかうためらひて、

「ここにも今はかぎりにおもふ身をばさるものにて、かかるところにこれをさへひきさげてあるを、いといみじとおもへども、いかがはせんとてありつるを、さらばともかくもそこにおもひさだめてものし給へ」


とありければ、又の日かへりて、

「ささなん」


といふ。うべなきことにてもありけるかな。宿世(すくせ)やありけん。いとあはれなるに、

「さらば、かしこに、まづ御文をものせさせ給へ」


とものすれば、いかがはとて、かく。

「としごろはきこえぬばかりに、うけたまはりなれたれば、誰とおぼつかなくはおぼされずやとてなん。あやしとおぼされぬべきことなれど、この禅師の君に心ぼそきうれへをきこえしを、つたへきこえたまひけるに、いとうれしくなんのたまはせしとうけたまはれば、よろこびながらなんきこゆる。けしうつつましきことなれど、尼にとうけたまはるには、むつましきかたにてもおもひはなち給やとてなん」


などものしたれば、又の日かへりごとあり。

「よろこびて」


などありて、いと心ようゆるしたり。かのかたらひけることのすぢもぞ、この文(ふみ)にある。かつはおもひやる心ちもいとあはれなり。よろづ書き書きて

「かすみにたちこめられて、筆のたちどもしられねば、あやしく」


とあるも、げにとおぼえたり。



Tunagari_title
・蜻蛉日記原文全集「かくて異腹のせうとも京にて法師にてあり」

Related_title
もっと見る 


Keyword_title

Reference_title
The University of Virginia Library Electronic Text Center and the University of Pittsburgh East Asian Library http://etext.lib.virginia.edu/japanese/
長谷川 政春,伊藤 博,今西 裕一郎,吉岡 曠 1989年「新日本古典文学大系 土佐日記 蜻蛉日記 紫式部日記 更級日記」岩波書店

この科目でよく読まれている関連書籍

このテキストを評価してください。

※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。

 

テキストの詳細
 閲覧数 1,786 pt 
 役に立った数 0 pt 
 う〜ん数 1 pt 
 マイリスト数 0 pt 

知りたいことを検索!