新規登録 ログイン

9_80 その他 / その他

蜻蛉日記原文全集「十七日、雨のどやかにふるに」

著者名: 古典愛好家
Text_level_1
マイリストに追加
蜻蛉日記

十七日、雨のどやかにふるに

十七日、雨のどやかにふるに、方(かた)ふたがりたりと思ふこともあり、世の中あはれに心ぼそくおぼゆるほどに、石山に一昨年まうでたりしに、心ぼそかりし夜な夜な陀羅尼(だらに)いとたふとうよみつつ礼堂にをがむ法師ありき、問ひしかば、

「去年(こぞ)から山ごもりして侍るなり。ごくだちなり」


などいひしかば、

「さらば祈りせよ」


とかたらひし法師のもとよりいひおこせたるやう、

「いぬる五日の夜の夢に、御そでに月と日とをうけたまひて、月をば足の下にふみ、日をば胸にあてていだきたまふとなん見てはべる。これ、夢解(ゆめとき)に問はせ給へ」


といひたり。いとうたておどろおどろしと思ふに、うたがひそひてをこなるここちすれば、人にもと解かせぬときしもあれ、夢あはする物来たるに、こと人のうへにて問はすれば、うべもなく、

「いかなる人の見たるぞ」


とおどろきて、

「みかどをわがままに、おぼしきさまのまつりごとせん物ぞ」


とぞいふ。

「さればよ、これが空あはせにあらず、いひおこせたる僧のうたがはしきなり。あなかま、いとにげなし」


とて、やみぬ。

又あるもののいふ、

「この殿の御門(みかど)を四つあしになすとこそ見しか」


といへば、

「これは大臣公卿いでたまふべき夢なり。かく申せば男ぎみの大臣ちかくものしたまふを申すとぞおぼすらん。さにはあらず、君達(きんだち)御ゆくさきのことなり」


とぞいふ。またみづからの一昨日の夜みたる夢、右の方のあしのうらに、をととかどといふ文字をふと書きつくれば、おどろきてひき入ると見しを問へば、

「このおなじことの見ゆなり」


といふ。これもをこなるべきことなればものくるるほしと思へど、さらぬ御族(ぞう)にはあらねば、わが一人もたる人、もしおぼえぬさいはひもや、とぞ心のうちに思ふ。


Tunagari_title
・蜻蛉日記原文全集「十七日、雨のどやかにふるに」

Related_title
もっと見る 


Keyword_title

Reference_title
The University of Virginia Library Electronic Text Center and the University of Pittsburgh East Asian Library http://etext.lib.virginia.edu/japanese/
長谷川 政春,伊藤 博,今西 裕一郎,吉岡 曠 1989年「新日本古典文学大系 土佐日記 蜻蛉日記 紫式部日記 更級日記」岩波書店

この科目でよく読まれている関連書籍

このテキストを評価してください。

※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。

 

テキストの詳細
 閲覧数 3,095 pt 
 役に立った数 0 pt 
 う〜ん数 0 pt 
 マイリスト数 0 pt 

知りたいことを検索!