新規登録 ログイン

9_80 その他 / その他

蜻蛉日記原文全集「あくれば二月にもなりぬめり」

著者名: 古典愛好家
Text_level_1
マイリストに追加
蜻蛉日記

あくれば二月にもなりぬめり

あくれば二月にもなりぬめり。雨いとのどかにふるなり。格子などあげつれど、例のやうに心あわただしからぬは、雨のするなめり。されどとまるかたは思ひかけられず。と許(ばかり)ありて、

「男どもはまゐりにたりや」


などいひて、起きいでて、なよよかならぬ直衣(なほし)、しほれよいほどなるかいねりの袿(うちき)ひとかさねたれながら、帯ゆるるかにてあゆみいづるに、人々

「御かゆ」


などけしきばむめれば、

「例くはぬものなれば、なにかはなにに」


と心よげにうちいひて、

「太刀とくよ」


とあれば、大夫とりて簀子(すのこ)にかたひざつきてゐたり。のどかにあゆみいでて見まはして、

「前栽(せざい)をらうがはしく焼きためるかな」


などあり。やがてそこもとに雨皮はりたる車さしよせ、男どもかろらかにてもたげたれば、はひ乗りぬめり。したすだれひきつくろひて中門よりひきいでて、先よいほどにおはせてあるも、ねたげにぞきこゆる。日ごろいと風はやしとて、南おもての格子はあげぬを、今日かうて見出だしてと許(ばかり)あれば、雨よいほどにのどやかにふりて、庭うちあれたるさまにて草はところどころあをみわたりにけり。あはれと見えたり。ひるつかた、かへしうちふきて晴るる顔の空はしたれど、ここちあやしうなやましうて、暮れはつるまでながめくらしつ。


Tunagari_title
・蜻蛉日記原文全集「あくれば二月にもなりぬめり」

Related_title
もっと見る 


Keyword_title

Reference_title
The University of Virginia Library Electronic Text Center and the University of Pittsburgh East Asian Library http://etext.lib.virginia.edu/japanese/
長谷川 政春,伊藤 博,今西 裕一郎,吉岡 曠 1989年「新日本古典文学大系 土佐日記 蜻蛉日記 紫式部日記 更級日記」岩波書店

この科目でよく読まれている関連書籍

このテキストを評価してください。

※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。

 

テキストの詳細
 閲覧数 2,056 pt 
 役に立った数 0 pt 
 う〜ん数 0 pt 
 マイリスト数 0 pt 

知りたいことを検索!