新規登録 ログイン

9_80 その他 / その他

蜻蛉日記原文全集「しも月もおなじごとにて廿日になりにければ」

著者名: 古典愛好家
Text_level_1
マイリストに追加
蜻蛉日記

しも月もおなじごとにて廿日になりにければ

しも月もおなじごとにて廿日になりにければ、今日見えたりし人、そのままに廿よ日あとをたちたり。文(ふみ)のみぞふたたび許(ばかり)みえける。かうのみ胸やすからねど、おもひ尽きにたれば、心よわき心ちしてともかくもおぼえで、

「四日許の物忌(ものいみ)しきりつつなん。ただいま今日だにとぞ思ふ」


など、あやしきまでこまかなり。はての月の十六日ばかりなり。しばしありて、にはかにかいくもりて雨になりぬ。たふるるかたならんかしと思ひいでてながむるに、暮れゆくけしきなり。いといたくふればさはらむにもことわりなれば、昔はと許おぼゆるに、涙のうかびてあはれにもののおぼゆれば、念じがたくて人いだしたつ。

かなしくもおもひたゆるかいそのかみ さはらぬものとならひしものを

とかきて、いまぞ行くらんとおもふほどに、南面(みなみおもて)の格子もあげぬ外(と)に、人の気おぼゆ。人はえ知らず、われのみぞあやしとおぼゆるに、妻戸おしあけてふとはひ入りたり。いみじき雨のさかりなれば、おともえ聞こえぬなりけり。今ぞ

「御車とくさしいれよ」


などののしるも聞こゆる。

「年月(としつき)の勘事(かうじ)なりとも、今日のまゐりにはゆるされなんとぞおぼゆるかし。なほ明日はあなたふたがる、あさてよりは物忌などすべかめれば」


など、いとことよし。やりつる人はちがひぬらんとおもふに、いとめやすし。夜のまに雨やみにためれば、

「さらば暮れに」


などて、かへりぬ。

方ふたがりたれば、むべもなく、待つに見えずなりぬ。

「よべは人のものしたりしに、夜のふけにしかば経などよませてなんとまりにし。例のいかにおぼしけん」


などあり。山ごもりののちは、

「あまがへる」


といふ名をつけられたりければ、かくものしけり。

「こなたざまならでは、かたも」


などしげくて、

おほばこの神のたすけやなかりけん ちぎりしことをおもひかへるは

とやうにて、例の、日すぎて、つごもりになりにたり。


Tunagari_title
・蜻蛉日記原文全集「しも月もおなじごとにて廿日になりにければ」

Related_title
もっと見る 


Keyword_title

Reference_title
長谷川 政春,伊藤 博,今西 裕一郎,吉岡 曠 1989年「新日本古典文学大系 土佐日記 蜻蛉日記 紫式部日記 更級日記」岩波書店
The University of Virginia Library Electronic Text Center and the University of Pittsburgh East Asian Library http://etext.lib.virginia.edu/japanese/

この科目でよく読まれている関連書籍

このテキストを評価してください。

※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。

 

テキストの詳細
 閲覧数 2,319 pt 
 役に立った数 0 pt 
 う〜ん数 1 pt 
 マイリスト数 0 pt 

知りたいことを検索!