新規登録 ログイン

9_80 その他 / その他

蜻蛉日記原文全集「さて明けぬれば大夫」

著者名: 古典愛好家
Text_level_1
マイリストに追加
蜻蛉日記

さて明けぬれば大夫

さて明けぬれば大夫、

「何事によりてにかありけんと、まゐりて聞かん」

とてものす。

「よべはなやみたまふことなんありける。

「にはかにいとくるしかりしかばなん、え物せずなりにし」

となん、のたまひつる」


といふしもぞ、聞かでぞおいらかにあるべかりけるとぞおぼえたる。

「さはりにぞある、をもし」


とだに聞かば、何を思はましと思ひむつかるほどに、尚侍の殿より御文(ふみ)あり。見れば、まだ山寺かとおぼしくて、いとあはれなるさまにのたまへり。

「などかは、さしげさまさる住(すま)ひをもしたまふらん。されどそれにもさはりたまはぬ人もありと聞く物を、もてはなれたるさまにのみ言ひなしたまふめれば、いかなるぞとおぼつかなきにつけても、

いもせがはむかしながらのなからば 人のゆききのかげは見てまし


御かへりには、

「山の住ひは、秋のけしきも見給へんとせしに、またうき時のやすらひにて中空になん。しげさはしる人もなしとこそ思うたまへしか。いかに聞こしめしたるにか、おぼめかせたまふにも、げにまた、

よしや身のあせんなげきはいもせ山 なか行く水のなもかはりけり


などぞきこゆる。


Tunagari_title
・蜻蛉日記原文全集「さて明けぬれば大夫」

Related_title
もっと見る 


Keyword_title

Reference_title
The University of Virginia Library Electronic Text Center and the University of Pittsburgh East Asian Library http://etext.lib.virginia.edu/japanese/
長谷川 政春,伊藤 博,今西 裕一郎,吉岡 曠 1989年「新日本古典文学大系 土佐日記 蜻蛉日記 紫式部日記 更級日記」岩波書店

この科目でよく読まれている関連書籍

このテキストを評価してください。

※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。

 

テキストの詳細
 閲覧数 1,688 pt 
 役に立った数 0 pt 
 う〜ん数 0 pt 
 マイリスト数 0 pt 

知りたいことを検索!