新規登録 ログイン

9_80 その他 / その他

蜻蛉日記原文全集「かくなんと見つつふるほどに」

著者名: 古典愛好家
Text_level_1
マイリストに追加
蜻蛉日記

かくなんと見つつふるほどに

かくなんと見つつふるほどに、ある日の昼つ方、大門の方に馬のいななく声して、人のあまたあるけはひしたり。木の間より見とほしやりたれば、ここかしこ直人あまた見えて、あゆみくめるは兵衞佐なめりと思へば、大夫よび出だして、

「今まできこえさせざりつるかしこまりとりかさねて、とてなんまゐりきたる」


といひいれて、木陰にたちやすらふさま、京おぼえていとをかしかめり。このころは、

「のちに」


といひし人ものぼりてあれば、それになほしもあらぬやうにあれば、いたくけしきばみたてり。

かへりごとは、

「いとうれしき御名(みな)なるを、はやくこなたにいりたまへ。さきざきの御不浄は、いかでことなかるべくいのりきこえん」


と物したれば、あゆみいでて高欄におしかかりて、まづ手水(てうづ)など物していりたり。よろづのことども言ひもてゆくに、

「むかし、ここは見給ひしはおぼえさせたまふや」


と問へば、

「いかがは。いとたしかにおぼえて。今こそかくうとくてもさぶらへ」


などいふを、思ひまはせば、物もいひさして声かはる心ちすれば、しばしためらへば、人もいみじと思ひて、とみに物もいはず。さて

「御声などかはらせたまふなるは、いとことわりにはあれど、さらにかくおぼさじ。よにかくてやみ給ふやうはあらじ」


など、ひがざまに思ひなしてにやあらん、いふ。

「「かくまゐらば、よくきこえあはめよ」などのたまひつる」

といへば、

「などか、人のさのたまはずとも、いまにてなん」


などいへば、

「さらばおなじくは今日出でさせたまへ。やがて御供つかうまつらん。まづはこの大夫のまれまれ京に物しては、日だにかたぶけば山寺へといそぐを見給ふるに、いとなんゆゆしき心ちしはべる」


などいへど、けしきもなければ、しばしやすらひてかへりぬ。

かくのみ出でわづらひつつ、人もとぶらひつきぬれば、又はとふべき人もなしとぞ心のうちにおぼゆる。


Tunagari_title
・蜻蛉日記原文全集「かくなんと見つつふるほどに」

Related_title
もっと見る 


Keyword_title

Reference_title
The University of Virginia Library Electronic Text Center and the University of Pittsburgh East Asian Library http://etext.lib.virginia.edu/japanese/
長谷川 政春,伊藤 博,今西 裕一郎,吉岡 曠 1989年「新日本古典文学大系 土佐日記 蜻蛉日記 紫式部日記 更級日記」岩波書店

この科目でよく読まれている関連書籍

このテキストを評価してください。

※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。

 

テキストの詳細
 閲覧数 1,573 pt 
 役に立った数 0 pt 
 う〜ん数 0 pt 
 マイリスト数 0 pt 

知りたいことを検索!