新規登録 ログイン

9_80 その他 / その他

蜻蛉日記原文全集「その暮れて又の日」

著者名: 古典愛好家
Text_level_1
マイリストに追加
蜻蛉日記

その暮れて又の日

その暮れて又の日、なま親族(しぞく)だつ人とぶらひにものしたり。破籠(わりご)などあまたあり。まづ、

「いかでかくは。なにと、などせさせ給ふにかあらん。ことなることあらでは、いとびんなきわざなり」


といふに、心に思ふやう、身のあることをかきくづし言ふにぞ、

「いとことはり」


といひなりて、いといたく泣く。日ぐらしかたらひて、夕暮のほど、例のいみじげなることどもいひて、鐘の声どもしはつるほどにぞ帰る。心ふかくもの思ひしる人にもあれば、まことにあはれとも思ひ行くらんと思ふに、またの日、旅に久しくもありぬべきさまの物どもあまたある。身には言ひつくすべくもあらず、かなしうあはれなり。

「かへりし空なかりしことの、はるかに木高(こだか)き道をわけいりけんと見しままに、いといといみじうなん」


など、よろづ書きて、

世中のよのなかならば夏草の しげき山べもたづねざらまし

物を、かくておはしますを見給へおきてまかり帰ることと思う給へしには、目もみなくれまどひてなん、あが君、ふかくものおぼし乱るべかめるかな。

世中は思ひのほかになるたきのふかき山ぢをたれあらせけん


など、すべてさしむかひたらんやうに、こまやかに書きたり。鳴滝といふぞ、このまへより行水(ゆくみづ)なりける。

返りごとも思ひいたるかぎりものして、

「たづねたまへりしも、げにいかでと思う給へしかど、

物おもひのふかさくらべにきてみれば 夏のしげりもものならなくに

まかでんことはいつともなけれど、かくの給ふ事なん思う給へわづらひぬべけれど、

身ひとつのうくなるたきをたづぬれば さらにかへらぬ水もすみけり

と見れば、ためしある心ちしてなん」


などものしつ。



Tunagari_title
・蜻蛉日記原文全集「その暮れて又の日」

Related_title
もっと見る 


Keyword_title

Reference_title
長谷川 政春,伊藤 博,今西 裕一郎,吉岡 曠 1989年「新日本古典文学大系 土佐日記 蜻蛉日記 紫式部日記 更級日記」岩波書店
The University of Virginia Library Electronic Text Center and the University of Pittsburgh East Asian Library http://etext.lib.virginia.edu/japanese/

この科目でよく読まれている関連書籍

このテキストを評価してください。

※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。

 

テキストの詳細
 閲覧数 1,741 pt 
 役に立った数 0 pt 
 う〜ん数 1 pt 
 マイリスト数 0 pt 

知りたいことを検索!