新規登録 ログイン

9_80 その他 / その他

蜻蛉日記原文全集「また人の文どんあるを見れば」

著者名: 古典愛好家
Text_level_1
マイリストに追加
蜻蛉日記

また人の文どんあるを見れば

また人の文(ふみ)どんあるを見れば、

「さてのみやはあらんとする」


「日のふるままに、いみじくなん思ひやる」


など、さまざまに問ひたり。


又の日、かへりごとす。

「さてのみやは」


とある人のもとに、

「かくてのみとしも思ひたまへねど、ながむるほどになん、はかなくて過ぎつつ日数ぞつもりにける

かけてだに思ひやはせし山ふかく いりあひのかねにねをそへんとは


又の日、かへりごとあり。

「ことばかきあふべくもあらず、入相(いりあひ)になん肝くだく心ちする」


とて、

いふよりもきくぞかなしきしきしまの よにふるさとの人やなになり

とあるを、いとあはれにかなしくながむるほどに、宿直(とのゐ)の人、あまたありしなかに、いかなる心あるにかありけん、ここにある人のもとに言ひおこせたるやう、

「いつもおろかに思ひきこえさせざりし御住ひなれど、まかでしよりはいとどめづらかなるさまになん思ひ出できこえさする。いかに御許(おもと)たちもおぼし見たてまつらせ給ふらん。

「いやしきも」

といふなれば、すべてすべてきこえさすべきかたなくなん。
  
身をすててうきをもしらぬたびだにも 山ぢにふかく思ひこそいれ


といひたるを、もて出でて読みきかするに、またいといみじ。かばかりのことも、またいとかくおぼゆるときある物なりけり。

「はや、返りごとせよ」


とてあれば、

「をだまきは、かく思ひ知ることもかたきとよと思ひつるを、御前にもいとせきあへぬまでなんおぼしためるを見たてまつるも、ただおしはかり給へ。

思ひいづるときぞかなしきおく山の このした露のいとどしげきに


となんいふめる。




Tunagari_title
・蜻蛉日記原文全集「また人の文どんあるを見れば」

Related_title
もっと見る 


Keyword_title

Reference_title
The University of Virginia Library Electronic Text Center and the University of Pittsburgh East Asian Library http://etext.lib.virginia.edu/japanese/
長谷川 政春,伊藤 博,今西 裕一郎,吉岡 曠 1989年「新日本古典文学大系 土佐日記 蜻蛉日記 紫式部日記 更級日記」岩波書店

この科目でよく読まれている関連書籍

このテキストを評価してください。

※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。

 

テキストの詳細
 閲覧数 1,698 pt 
 役に立った数 0 pt 
 う〜ん数 0 pt 
 マイリスト数 0 pt 

知りたいことを検索!