新規登録 ログイン

9_80 その他 / その他

蜻蛉日記原文全集「心ちけしうはあらねば例の見おくりてながめ出だしたるほどに」

著者名: 古典愛好家
Text_level_1
マイリストに追加
蜻蛉日記

心ちけしうはあらねば例の見おくりてながめ出だしたるほどに

心ちけしうはあらねば、例の見おくりてながめ出だしたるほどに、また

「おはすおはす」


とののしりてくる人あり。さならんと思ひてあれば、いとにぎははしく里心ちして、うつくしきものどもさまざまに装束(しやうぞ)きあつまりて、二車ぞある。馬どんなどふさにひきちらかいてさはぐ。破籠(わりご)やなにやとふさにあり。誦経(ずきょう)うちし、あはれげなる法師ばらに帷子(かたびら)や布やなどさまざまにくばりちらして、物語のついでに、

「おほくは殿の御もよほしにてなんまうできつる。

「ささしてものしたりしかど、出でずなりにき。又ものしたりともさこそあらめ。おのが物せんにはと思へば、え物せず。のぼりてあはめたてまつれ。法師ばらにも、いとたいだいしく経をしへなどすなるは、なでふことぞ」

となんの給ヘりし。かくてのみはいかなる人かある。世中にいふなるやうに、ともかくもかぎりになりておはせば、いふかひなくてもあるべし。かくて人もおほせざらんとき帰りいでてゐたまへらんも、をこにぞあらん。さりとも今ひとたびはおはしなん。それにさへ出で給はずばぞ、いと人笑はへにはなりはて給はん」


など、物ほこりかに言ひののしるほどに、

「西の京にさぶらふ人々、「ここにおはしましぬ」とて、たてまつらせたる」


とて、天下のものふさにあり。山のすゑと思ふやうなる人のために、はるかにあるにも、身のうきことはまづおぼえけり。

夕かげになりぬれば、

「いそぐとあれば、えひきはきこえず、おぼつかなくはあり、なほいとこそあしけれ。さていつともおぼさぬか」


といへば、

「ただ今はいかにもいかにも思はず。今ものすべきことあらばまかでなん。つれづれなるころなればにこそあれ」


などて、とてもかくてもいでむもおこなるべき、さや思ひなるとて、はらだたしと思ふなる人の言はするならん、里とてもなにわざをかせんずると思へば、

「かくて、あつきほどばかりと思ふなり」


といへば、

「期もなくおぼすにこそあなれ。よろづのことよりも、この君のかくそぞろなる精進をしておはするよ」


と、かつうち泣きつつ車にものすれば、ここなるこれかれ送りにたちいでたれば、

「御許し(おもと)たちもみな勘当にあたり給ふなり。よくきこえて、はやいだしたてまつり給へ」


など言ひちらして帰る。このたびの名残はまいていとこよなくさうざうしければ、我ならぬ人はほとほと泣きぬべく思ひたり。



Tunagari_title
・蜻蛉日記原文全集「心ちけしうはあらねば例の見おくりてながめ出だしたるほどに」

Related_title
もっと見る 


Keyword_title

Reference_title
The University of Virginia Library Electronic Text Center and the University of Pittsburgh East Asian Library http://etext.lib.virginia.edu/japanese/
長谷川 政春,伊藤 博,今西 裕一郎,吉岡 曠 1989年「新日本古典文学大系 土佐日記 蜻蛉日記 紫式部日記 更級日記」岩波書店

この科目でよく読まれている関連書籍

このテキストを評価してください。

※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。

 

テキストの詳細
 閲覧数 2,414 pt 
 役に立った数 0 pt 
 う〜ん数 1 pt 
 マイリスト数 0 pt 

知りたいことを検索!