新規登録 ログイン

9_80 その他 / その他

蜻蛉日記原文全集「山路なでふことなけれど」

著者名: 古典愛好家
Text_level_1
マイリストに追加
蜻蛉日記

山路なでふことなけれど

山路なでふことなけれど、あはれに、いにしへもろともにのみときどきは物せし物を、また病むことありしに、三四日も、このころのほどぞかし、宮づかへもたえ、こもりてもろともにありしは、など思ふに、はるかなる道すがら涙もこぼれゆく。とも人三人ばかりそひて行く。

まづ僧坊におりゐて見出だしたれば、前にませゆひわたして、まだなにとも知らぬ草どもしげきなかに、牡丹(ぼうたん)草ども、いとなさけなげにて花ちりはてて立てるを見るにも、散るかつはとよといふことをかへしおぼえつつ、いとかなし。

湯などものして御堂にと思ふほどに、里より心あはただしげにて人はしり来たり。とまれる人の文あり。見れば、

「ただいま殿より御文もて、それがしなんまゐりたりつる。

「ささしてまゐり給ふことあなり。かつがつまゐりてとどめきこえよ。ただ今わたらせ給ふ」


と言ひつれば、ありのままに、

「はや出でさせ給ひぬ。これかれも追ひてなんまゐりぬる」


と言ひつれば、

「いかやうにおぼしてにかあらんとぞ、御けしきありつるを、いかがさはきこえむ」


とありつれば、月ごろの御ありさま、精のよしなどをなん物しつれば、うち泣きて、

「とまれかくまれ、まづとくをきこえむ」


とて、いそぎ帰りぬる。されば論(ろ)なうそこに御消息ありなん。さる用意せよ」


などぞ言ひたるをみて、うたて心をさなくおどろおどろしげにやもしないつらん、いと物しくもあるかな。けがれなどせば、あすあさてなども出でなむとする物をと思ひつつ、湯のこといそがして堂にのぼりぬ。


Tunagari_title
・蜻蛉日記原文全集「山路なでふことなけれど」

Related_title
もっと見る 


Keyword_title

Reference_title
The University of Virginia Library Electronic Text Center and the University of Pittsburgh East Asian Library http://etext.lib.virginia.edu/japanese/
長谷川 政春,伊藤 博,今西 裕一郎,吉岡 曠 1989年「新日本古典文学大系 土佐日記 蜻蛉日記 紫式部日記 更級日記」岩波書店

この科目でよく読まれている関連書籍

このテキストを評価してください。

※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。

 

テキストの詳細
 閲覧数 1,955 pt 
 役に立った数 1 pt 
 う〜ん数 1 pt 
 マイリスト数 0 pt 

知りたいことを検索!