新規登録 ログイン

14_80 微分 / 微分係数と導関数

定義を使って微分係数を求める練習問題・例題

著者名: ふぇるまー
Text_level_1
マイリストに追加
微分係数

ここでは、微分係数の定義を使って微分係数を求める練習問題を一緒に解いていきます。微分係数の定義がわからない人は、このテキストよりも先に「微分係数とは・微分係数の求め方」を読んでくださいね。

微分係数の定義

微分係数は、次の公式を使って求めることができました。

y=f(x)について、"x=a"のときの微分係数は、




では早速、練習問題です。

問題1

関数"f(x)=3x²"について、微分係数"f'(1)"を求めなさい。


微分係数を求めるために公式を使うわけですが、まず、2つのf(x)の値を求めます。"f(1+h)"と"f(1)"です。"h"のことは気にせずに、そのまま代入します。

f(1+h)=3(1+h)²=3(1+2h+h²)=3+6h+3h² −①

f(1)=3(1)²=3 ー②

微分係数"f'(1)"は、



なので、先ほど求めた①と②を公式に代入します。



あとは、極限値を求める計算と同じですね。




以上見てきたことをまとめると、

微分係数"f'(a)"を求めるためには、"f'(a+h)"と"f'(a)"の値を求める


ここさえ理解できていれば、あとは公式に値を代入して計算をするだけです。

Tunagari_title
・定義を使って微分係数を求める練習問題・例題

Related_title
もっと見る 


Keyword_title

Reference_title
2013 数学Ⅱ 東京書籍
2013 数学Ⅱ 数研出版

この科目でよく読まれている関連書籍

このテキストを評価してください。

※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。

 

テキストの詳細
 閲覧数 32,733 pt 
 役に立った数 37 pt 
 う〜ん数 8 pt 
 マイリスト数 0 pt 

知りたいことを検索!