新規登録 ログイン

9_80 その他 / その他

蜻蛉日記原文全集「十二月のついたちになりぬ」

著者名: 古典愛好家
Text_level_1
マイリストに追加
蜻蛉日記

十二月のついたちになりぬ

十二月のついたちになりぬ。七日ばかりの昼さしのぞきたり。いまはいとまばゆき心ちもしにたれば、几丁ひきよせて、けしきものしげなるをみて、

「いで、日暮れにけり、内裏(うち)よりめしありつれば」


とて、立ちにしままに、おとづれもなくて十七八日になりにけり。


今日のひるつ方より、雨いといたうはらめきて、あはれにつれづれと降る。まして、もしやと思ふべきことも絶えにたり。いにしへを思へば、我がためにしもあらじ。心の本上にやありけん。雨風にもさはらぬ物とならはしたりし物を、今日(けふ)おもひ出づれば、むかしも心のゆるぶやうにもなかりしかば、我が心のおほけなきにこそありけれ。あはれ、さはらぬものとみし物を、それまして思ひかけられぬ、とながめ暮らさる。雨のあしおなじやうにて、火ともすほどにもなりぬ。南おもてにこのごろくる人あり。あしおとすれば、

「さにぞあなる、あはれ、をかしくきたるは」


と、わきたぎる心をばかたはらにおきてうち言へば、年ごろ見知りたる人むかひて、

「あはれ、これにまさりたる雨風にも、いにしへは人のさはりたまはざめりし物を」


と言ふにつけてぞ、うちこぼるる涙のあつくてかかるに、おぼゆるやう、

おもひせくむねのほむらはつれなくて なみだをわかす物にざりける

と、くり返しいはれしほどに、寝(ぬ)る所にもあらで、夜は明かしてけり。その月、みたびばかりのほどにて、年は越えにけり。そのほどの作法、例のごとなればしるさず。



Tunagari_title
・蜻蛉日記原文全集「十二月のついたちになりぬ」

Related_title
もっと見る 


Keyword_title

Reference_title
The University of Virginia Library Electronic Text Center and the University of Pittsburgh East Asian Library http://etext.lib.virginia.edu/japanese/
長谷川 政春,伊藤 博,今西 裕一郎,吉岡 曠 1989年「新日本古典文学大系 土佐日記 蜻蛉日記 紫式部日記 更級日記」岩波書店

この科目でよく読まれている関連書籍

このテキストを評価してください。

※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。

 

テキストの詳細
 閲覧数 2,665 pt 
 役に立った数 0 pt 
 う〜ん数 0 pt 
 マイリスト数 0 pt 

知りたいことを検索!