新規登録 ログイン

9_80 その他 / その他

蜻蛉日記原文全集「九十月もおなじさまにて」

著者名: 古典愛好家
Text_level_1
マイリストに追加
蜻蛉日記

九、十月もおなじさまにて

九、十月もおなじさまにて過ぐすめり。世には大嘗会の御禊(ごけい)とてさわぐ。我も人も物みる棧敷(さじき)とりてわたり見れば、御輿(みこし)のつら近く、つらしとは思へど目くれておぼゆるに、これかれ

「や、いで、なほ人にすぐれ給へりかし。あなあたらし」


なども言ふめり。聞くにもいとど物のみすべなし。

十一月(しもつき)になりて、大嘗会とてののしるべき。その中には、すこし間近く見ゆる心ちす。冠(かうぶり)ゆへに人もまだあいなしと思ふ公事のわざもならへとて、とかくすれば、いと心あわたたし。ことはつる日、夜ふけぬほどにものして

「行幸に候はであしかりぬべかりつれど、夜のふけぬべかりつれば、そら胸やみてなんまかでぬる。いかに人いふらん、あすはこれが衣きかへさせて出でん」


などあれば、いささかむかしの心ちしたり。


つとめて、

「ともにありかすべき男どもなどまゐらざめるを、かしこに物してととのへん、裝束してこよ」


とて出でられぬ。よろこびにありきなどすれば、いとあはれにうれしき心ちす。それよりしも、例のつつしむべきことあり。二日も、

「かしこになん」


と聞くにも、たよりにもあるを、さもやと思ふほどに夜いたくふけ行く。ゆゆしと思ふ人もただひとり出でたり。胸うちつぶれてぞあさましき。

「ただいまなん、帰りたまへる」


など語れば、夜ふけぬるに、昔ながらの心ちならましかばかからましやは、と思ふ心ぞいみじき。それより後(のち)もおとなし。


Tunagari_title
・蜻蛉日記原文全集「九十月もおなじさまにて」

Related_title
もっと見る 


Keyword_title

Reference_title
The University of Virginia Library Electronic Text Center and the University of Pittsburgh East Asian Library http://etext.lib.virginia.edu/japanese/
長谷川 政春,伊藤 博,今西 裕一郎,吉岡 曠 1989年「新日本古典文学大系 土佐日記 蜻蛉日記 紫式部日記 更級日記」岩波書店

この科目でよく読まれている関連書籍

このテキストを評価してください。

※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。

 

テキストの詳細
 閲覧数 1,639 pt 
 役に立った数 0 pt 
 う〜ん数 0 pt 
 マイリスト数 0 pt 

知りたいことを検索!