新規登録 ログイン

9_80 その他 / その他

蜻蛉日記原文全集「夜のあくるままに見やりたれば」

著者名: 古典愛好家
Text_level_1
マイリストに追加
蜻蛉日記

夜のあくるままに見やりたれば

夜のあくるままに見やりたれば、東(ひんがし)に風はいとのどかにて霧たちわたり、川のあなたは絵にかきたるやうに見えたり。川づらに放ち馬どものあさりありくもはるかに見えたり。いとあはれなり。二なく思ふ人をも人目によりてとどめおきてしかば、いで、はなれたるついでに死ぬるたばかりをもせばやと思ふには、まづこのほだしおぼえてこひしうかなし。涙のかぎりをぞつくしはつる。

男どものなかには

「これよりいと近かなり、いざ佐久那谷(さくなだに)みにはゐてもくちひきすごすと聞くぞからかなるや」


などいふを聞くに、さて心にもあらず引かれゐなばやと思ふに、かくのみ心つくせばものなども食はれず。

「しりへの方なる池に、しぶきといふ物生ひたる」


といへば、

「とりてもて来(こ)」


といへば、もて来(き)たり。深笥(みかけ)にあへしらひて、柚おし切りてうちかざしたるぞ、いとをかしうおぼえたる。

さては夜になりぬ。御堂にてよろづ申し泣きあかして、あか月がたにまどろみたるに見ゆるやう、この寺の別当とおぼしき法師、銚子に水をいれてもて来(き)て、右のかたの膝にいかくと見る。ふとおどろかされて、仏のみせ給ふにこそはあらめと思ふに、まして物ぞあはれにかなしくおぼゆる。

「明けぬ」


といふなれば、やがて御堂よりおりぬ。まだいとくらけれど、うみのうへしろく見えわたりて、さいふいふ人廿人ばかりあるを、のらんとする舟のきしかげのかたへばかりにみくだされたるぞ、いとあはれにあやしき。御灯明(みあかし)たてまつらせし僧の、みおくるとて岸に立てるに、たださし出でにさし出でつれば、いと心ぼそげにて立てるを見やれば、かれは目なれにたらん心に、かなしくやとまりて思ふらんとぞみる。男ども

「いま、来年の夏ごろまゐらんよ」


とよばひたれば、

「さなり」


とこたへて、とほくなるままに影のごと見えたるも、いとかなし。空を見れば月はいとほそくて、影はうみのおもてにうつりてある。風うちふきてうみのおもていとさはがしうさらさらとさはぎたり。わかき男ども

「声ほそやかにておもやせにたる」


といふ歌をうたひ出でたるをきくにも、つぶつぶと涙ぞおつる。


Tunagari_title
・蜻蛉日記原文全集「夜のあくるままに見やりたれば」

Related_title
もっと見る 


Keyword_title

Reference_title
The University of Virginia Library Electronic Text Center and the University of Pittsburgh East Asian Library http://etext.lib.virginia.edu/japanese/
長谷川 政春,伊藤 博,今西 裕一郎,吉岡 曠 1989年「新日本古典文学大系 土佐日記 蜻蛉日記 紫式部日記 更級日記」岩波書店

この科目でよく読まれている関連書籍

このテキストを評価してください。

※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。

 

テキストの詳細
 閲覧数 1,940 pt 
 役に立った数 0 pt 
 う〜ん数 0 pt 
 マイリスト数 0 pt 

知りたいことを検索!