新規登録 ログイン

9_80 その他 / その他

蜻蛉日記原文全集「ふりがたくあはれと見つつゆきすぎて」

著者名: 古典愛好家
Text_level_1
マイリストに追加
蜻蛉日記

ふりがたくあはれと見つつゆきすぎて

ふりがたくあはれと見つつゆきすぎて、山口にいたりかかれば、申(さる)のはてばかりになりにたり。蜩(ひぐらし)さかりと鳴きみちたり。聞けばかくぞおぼえける。

なきかへるこゑぞきほひてきこゆなる まちやしつらんせきのひぐらし

とのみいへる、人にはいはず。走井(はしりゐ)にはこれかれ馬うちはやしてさきだつもありて、いたりつきたれば、さきだちし人々いとよく休みすずみて、心ちよげにて、車かきおろすところに寄り来(き)たれば、後(しり)なる人

うらやましこまのあしとくはしりゐの

といひたれば、

清水にかげはよどむものかは

ちかく車よせて、おくなる方に幕などひきおろして、みな下りぬ。手足もひたしたれば、心ち物思ひはるけるやうにぞおぼゆる。石どもにおしかかりて、水やりたる樋のうへに折敷(おしき)どもすゑて、もの食ひて手づから水飯(すいは)などする心ち、いと立ちうきまであれど、日くれぬなどそそのかす。かかる所にては、物などいふ人もあらじと思へども、日の暮るればわりなくて立ちぬ。


行きもてゆけば、粟田山といふ所にぞ、京より松明(まつ)もちて人きたる。

「この昼、殿おはしましたりつ」


と言ふをきく。いとぞあやしき、なき間をうかがはれけるとまでぞおぼゆる。

「さて」


など、これかれ問ふなり。我はいとあさましうのみおぼえて、来着(きつ)きぬ。下りたれば、心ちいとせんかたなくくるしきに、とまりたりつる人々

「おはしまして問はせたまひつれば、ありのままになん聞こえさせつる。「などかこのごろありつる。あしうも来(き)にけるかな」となむありつる」


などあるを聞くにも、夢のやうにぞおぼゆる。  



Tunagari_title
・蜻蛉日記原文全集「ふりがたくあはれと見つつゆきすぎて」

Related_title
もっと見る 


Keyword_title

Reference_title
長谷川 政春,伊藤 博,今西 裕一郎,吉岡 曠 1989年「新日本古典文学大系 土佐日記 蜻蛉日記 紫式部日記 更級日記」岩波書店
The University of Virginia Library Electronic Text Center and the University of Pittsburgh East Asian Library http://etext.lib.virginia.edu/japanese/

この科目でよく読まれている関連書籍

このテキストを評価してください。

※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。

 

テキストの詳細
 閲覧数 1,782 pt 
 役に立った数 0 pt 
 う〜ん数 1 pt 
 マイリスト数 0 pt 

知りたいことを検索!