新規登録 ログイン

9_80 その他 / その他

蜻蛉日記原文全集「いきもてゆくほどに」

著者名: 古典愛好家
Text_level_1
マイリストに追加
蜻蛉日記

いきもてゆくほどに

いきもてゆくほどに、巳(み)の時はてになりにたり。しばし馬どもやすめんとて、清水(しみず)といふところに、かれと見やられたるほどに、おほきなる楝(あふち)の木ただひとつ立てるかげに車かきおろして、馬ども浦にひきおろしてひやしなどして、

「ここにて御破籠(わりご)まちつけん、かの崎はまだいととほかめり」


といふほどに、をさなき人ひとり、つかれたる顔にて寄りゐたれば、餌袋なる物とり出でて、食ひなどするほどに、破籠(わりご)もてきぬれば、さまざまあかちなどして、かたへはこれより帰りて、

「清水にきつる」


と、おこなひやりなどすなり。


さて、車かけてその崎にさしいたり、車ひきかへてはらへしにゆくままに見れば、風うちふきつつ波たかくなる。ゆきかふ舟ども帆ひきあげつついく。浜づらに男どもあつまりゐて、

「歌つかうまつりてまかれ」


といへば、いふかひなき声ひきいでて、うたひてゆく。はらへのほどに倦怠(けたい)になりぬべくながらくる。いとほどせばき崎にて、しものかたは水ぎはに車たてたり。網おろしたれば、しき波に寄せて、なごりにはなしといひふるしたる貝もありけり。しりなる人々は落ちぬばかりのぞきて、うちあらはすほどに、天下見えぬものどもとりあげまぜてさわぐめり。若き男も、ほどさしはなれてなみゐて

「さざなみや、志賀のからさき」


など、例のかみごゑふり出だしたるも、いとをかしうきこえたり。風はいみじうふけども、木かげなければいとあつし。いつしか清水にと思ふ。ひつじのをはりばかり、はてぬればかへる。 


Tunagari_title
・蜻蛉日記原文全集「いきもてゆくほどに」

Related_title
もっと見る 


Keyword_title

Reference_title
The University of Virginia Library Electronic Text Center and the University of Pittsburgh East Asian Library http://etext.lib.virginia.edu/japanese/
長谷川 政春,伊藤 博,今西 裕一郎,吉岡 曠 1989年「新日本古典文学大系 土佐日記 蜻蛉日記 紫式部日記 更級日記」岩波書店

この科目でよく読まれている関連書籍

このテキストを評価してください。

※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。

 

テキストの詳細
 閲覧数 2,006 pt 
 役に立った数 0 pt 
 う〜ん数 0 pt 
 マイリスト数 0 pt 

知りたいことを検索!