新規登録 ログイン

9_80 その他 / その他

蜻蛉日記原文全集「かくてなほおなじやうなれば」

著者名: 古典愛好家
Text_level_1
マイリストに追加
蜻蛉日記

かくてなほおなじやうなれば

かくて、なほおなじやうなれば、祭、祓へなどいふわざ、ことごとしうはあらで、やうやうなどしつつ、六月(みなづき)のつごもりがたに、いささか物おぼゆる心ちなどするほどにきけば、帥(そち)殿の北の方、尼になり給ひにけりときくにも、いとあはれに思うたてまつる。西の宮は、ながされたまひて三日といふに、かきはらひ焼けにしかば、北の方、我が御殿の桃園なるにわたりて、いみじげにながめ給ふときくにも、いみじうかなしく、我がここちのさわやかにもならねば、つくづくとふして思ひあつむることぞ、あいなきまでおほかるを、書き出だしたれば、いと見ぐるしけれど

あはれいまは かくいふかゐも なけれども おもひしことは はるのすゑ 花なんちると さわぎしを あはれあはれと ききしまに にしのみやまの うぐひすは かぎりのこゑを ふりたてて きみがむかしの あたごやま さしていりぬと ききしかど 人ごとしげく ありしかば みちなきことと なげきわび たにがくれなる やまみづの つひにながると さわぐまに よを卯月にも なりしかば 山ほととぎす たちかはり きみをしのぶの こゑたえず いづれのさとか なかざりし ましてながめの さみだれは うきよの中に ふるかぎり たれがたもとか ただならん たえずぞうるふ さ月さへ かさねたりつる ころもでは うへしたわかず くたしてき ましてこひぢに  おりたてる あまたのたごは おのがよよ いかばかりかは そぼちけむ よつにわかるる むらどりの おのがちりぢり すばなれて わづかにとまる すもりにも なにかはかひの あるべきと くだけてものを おもふらん いへばさらなり ここのへの うちをのみこそ ならしけめ おなじかずとやここのくに しまふたつをば ながむらん かつはゆめかと いひながら あふべきごなく なりぬとや きみもなげきを こりつみて しほやくあまと なりぬらん ふねをながして いかばかり うらさびしかる よの中を ながめかるらん ゆきかへる かりのわかれに あらばこそ きみがとこよも あれざらめ ちりのみおくは むなしくて まくらのゆくへも しらじかし いまはなみだも みな月の こかげにわぶる うつせみも むねさけてこそ なげくらめ ましてや秋の かぜふけば まがきのをぎの なかなかに そよとこたへん をりごとに いとどめさへや あはざらば ゆめにもきみが きみをみで ながきよすがら なくむしの おなじこゑにや たへざらん とおもふこころは おほあらきの もりのしたなる 草のみも おなじくぬると しるらめや露


また、奥に

やどみればよもぎのかどもさしながら あるべき物と思ひけんやぞ

と書きて、うちおきたるを、前なる人みつけて

「いみじうあはれなることかな、これをかの北の方に見せたてまつらばや」


などいひなりて、

「げに、そこよりといはばこそ、かたくなはしく、みぐるしからめ」


とて、紙屋紙(かみやがみ)にかかせて、立文(たてぶみ)にて、けづり木につけたり。

「「いづこより」とあらば、「多武(たう)の峯より」といへ」


と教ふるは、この御はらからの入道の君の御もとよりといはせよとてなりけり。人とりてゐりぬるほどに、つかひはかへりにけり。かしこに、いかやうにかさだめおぼしけむはしらず。


Tunagari_title
・蜻蛉日記原文全集「かくてなほおなじやうなれば」

Related_title
もっと見る 


Keyword_title

Reference_title
長谷川 政春,伊藤 博,今西 裕一郎,吉岡 曠 1989年「新日本古典文学大系 土佐日記 蜻蛉日記 紫式部日記 更級日記」岩波書店
The University of Virginia Library Electronic Text Center and the University of Pittsburgh East Asian Library http://etext.lib.virginia.edu/japanese/

この科目でよく読まれている関連書籍

このテキストを評価してください。

※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。

 

テキストの詳細
 閲覧数 2,012 pt 
 役に立った数 0 pt 
 う〜ん数 0 pt 
 マイリスト数 0 pt 

知りたいことを検索!