新規登録 ログイン

9_80 その他 / その他

蜻蛉日記原文全集「なほあやしく例のこちにたがひて」

著者名: 古典愛好家
Text_level_1
マイリストに追加
蜻蛉日記

なほあやしく例のこちにたがひて

なほあやしく、例のこちにたがひておぼゆるけしきも見ゆべければ、やむごとなき僧などよびおこせなどしつつ、心みるに、さらにいかにもあらねば、かうしつつ死にもこそすれ、にはかにては思しきこともいはれぬ物にこそあなれ、かくてはてなば、いとくちをしかるべし、あるほどにだにあらば、思ひあらむにしたがひても語らひつべきを、と思ひて、脇息(けふそく)におしかかりて、書きけることは

命なかるべしとのみのたまへば、見果てたてまつりてむとのみ思ひつつありつるを、かぎりにもやなりぬらん、あやしくこころぼそき心ちのすればなん。つねにきこゆるやうに、世ににひさしきことのいと思はずなれば、塵ばかりをしきにはあらで、ただこのをさなき人の上なん、いみじくおぼえ侍るものはありける。たはぶれにも御けしきの物しきをば、いとわびしと思ひてはんべめるを、いとおほきなることなくて侍らんには、御けしきなど見せ給ふな。いと罪ふかき身にはべるは、

風だにも思はぬかたによせざらば このよのことはかのよにもみむ

はべらざらん世にさへ、うとうとしくもてなし給ふ人あらば、つらくなんおぼゆべき。としごろ御覧じはつまじくおぼえながら、かはりもはてざりける御心を見たまふれば、それ、いとよくかへりみさせ給へ。ゆづりおきてなど思ひたまへつるもしるく、かくなりぬべかめれば、いとながくなん思ひきこゆる。人にもいはぬことの、をかしなどきこえつるも、わすれずやあらんとすらん。をりしもあれ、対面にきこゆべきほどにもあらざりければ、

露しげきみちとかいとどしでの山 かつがつぬるる袖いかにせん


と書きて、はしに

「あとには、問ひなども、塵のことをなむあやまたざなるさへよくならへとなん、きこえおきたる、とのたまはせよ」


と書きて、封じて、うへに

「忌みなどはてなんに、御覧ぜさすべし」


と書きて、かたはらなる唐櫃(からうづ)に、ゐざりよりていれつ。見る人あやしと思ふべけれど、ひさしくしならば、かくだにものせざらんことの、いと胸いたかるべければなむ。 



Tunagari_title
・蜻蛉日記原文全集「なほあやしく例のこちにたがひて」

Related_title
もっと見る 


Keyword_title

Reference_title
長谷川 政春,伊藤 博,今西 裕一郎,吉岡 曠 1989年「新日本古典文学大系 土佐日記 蜻蛉日記 紫式部日記 更級日記」岩波書店
The University of Virginia Library Electronic Text Center and the University of Pittsburgh East Asian Library http://etext.lib.virginia.edu/japanese/

この科目でよく読まれている関連書籍

このテキストを評価してください。

※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。

 

テキストの詳細
 閲覧数 6,184 pt 
 役に立った数 2 pt 
 う〜ん数 1 pt 
 マイリスト数 0 pt 

知りたいことを検索!