新規登録 ログイン

9_80 その他 / その他

蜻蛉日記原文全集「つごもりよりなに心地にかあらん」

著者名: 古典愛好家
Text_level_1
マイリストに追加
蜻蛉日記

つごもりよりなに心地にかあらん

つごもりより、なに心地にかあらん、そこはかとなくいとくるしけれど、さはれとのみ思ふ。命をしむと人に見えずもありにしがなとのみ念ずれど、見聞く人ただならで、芥子焼(けしや)きのやうなるわざすれど、なほしるしなくてほどふるに、人は、かくきよまはるほどとて、例のやうにもかよはず、あたらしきところつくるとてかよふたよりにぞ、立ちながらなどものして、

「いかにぞ」


などもある。心地よはくおぼゆるに、をしからでかなしくおぼゆる夕ぐれに、例の所よりかへるとて、蓮の実一本(ひともと)を、人していれたり。

「くらくなりぬれば、まゐらぬなり。これ、かしこのなり。見給へ」


となんいふ。かへりごとには、ただ、

「生きて生けらぬ、ときこえよ」


といはせて、おもひふしたれば、あはれ、げにいとをかしかなるところを、命もしらず、人の心もしらねば、

「いつしか見せん」


とありしも、さもあらばれ、やみなんかしと思ふもあはれなり。

花にさきみになりかはるよをすてて うきはの露と我ぞけぬべき

など思ふまで、日をへておなじやうなれば、心ぼそし。よからずはとのみ思ふ身なれば、つゆばかりをしとにはあらぬを、ただこの一人ある人いかにせんとばかり思ひつづくるにぞ、涙せきあへぬ。 



Tunagari_title
・蜻蛉日記原文全集「つごもりよりなに心地にかあらん」

Related_title
もっと見る 


Keyword_title

Reference_title
長谷川 政春,伊藤 博,今西 裕一郎,吉岡 曠 1989年「新日本古典文学大系 土佐日記 蜻蛉日記 紫式部日記 更級日記」岩波書店
The University of Virginia Library Electronic Text Center and the University of Pittsburgh East Asian Library http://etext.lib.virginia.edu/japanese/

この科目でよく読まれている関連書籍

このテキストを評価してください。

※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。

 

テキストの詳細
 閲覧数 6,749 pt 
 役に立った数 2 pt 
 う〜ん数 1 pt 
 マイリスト数 0 pt 

知りたいことを検索!