新規登録 ログイン

9_80 その他 / その他

蜻蛉日記原文全集「かくて今しばしもあらばやと思へど」

著者名: 古典愛好家
Text_level_1
マイリストに追加
蜻蛉日記

かくて今しばしもあらばやと思へど

かくて、今しばしもあらばやと思へど、明くればののしりて出だし立つ。かへさは、しのぶれどここかしこあるじしつつとどむれば、ものさわがしうてすぎゆく。三日といふに京につきぬべけれど、いたう暮れぬとて、山城の国、久世(くぜ)の屯倉(みやけ)といふところにとまりぬ。いみじうむづかしけれど、夜に入りぬれば、ただ明くるをまつ。

まだ暗きよりいけば、黒みたる者の調度おひてはしらせて来(く)。ややとほくより下りて、ついひざまづきたり。見れば、随身(ずゐじん)なりけり。

「なにぞ」


とこれかれ問へば、

「きのふの酉(とり)のときばかりに宇治の院におはしましつきて、「かへらせ給ひぬやと、まゐれ」と、おほせごとはべりつればなん」


といふ。さきなる男ども、

「とう促せや」


などおこなふ。宇治の川によるほど、霧は来しかた見えず立ちわたりて、いとおぼつかなし。車かきおろして、こちたくとかくするほどに、人声おほくて、

「御車おろし立てよ」


とののしる。霧の下より、例の網代(あじろ)も見えたり。いふかたなくをかし。みづからは、あなたにあるなるべし。まづ、かくか書きてわたす。

人ごころうぢのあじろにたまさかに よるひをだにもたづねけるかな

舟の岸にきよするほどに、かへし、

かへるひを心のうちにかぞへつつ たれによりてかあじろをもとふ

見るほどに、車かきすゑて、ののしりてさしわたす。いとやんごとなきにはあらねど、いやしからぬ家の子ども、何のぞうの君などいふものども、轅(ながえ)、鴟尾(とみのお)のなかに入りこみて、日の脚のわづかに見えて、霧ところどころにはれゆく。あなたの岸に家の子、衛府の住(すけ)など、かいつれてみおこせたり。中に立てる人も、旅立ちて狩衣なり。岸のいとたかきところに舟をよせて、わりなうただあげにになひあぐ。轅(ながえ)を板敷にひきかけて立てたり。



Tunagari_title
・蜻蛉日記原文全集「かくて今しばしもあらばやと思へど」

Related_title
もっと見る 


Keyword_title

Reference_title
The University of Virginia Library Electronic Text Center and the University of Pittsburgh East Asian Library http://etext.lib.virginia.edu/japanese/
長谷川 政春,伊藤 博,今西 裕一郎,吉岡 曠 1989年「新日本古典文学大系 土佐日記 蜻蛉日記 紫式部日記 更級日記」岩波書店

この科目でよく読まれている関連書籍

このテキストを評価してください。

※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。

 

テキストの詳細
 閲覧数 2,993 pt 
 役に立った数 0 pt 
 う〜ん数 2 pt 
 マイリスト数 0 pt 

知りたいことを検索!