新規登録 ログイン

9_80 その他 / その他

蜻蛉日記原文全集「御四十九日はてて」

著者名: 古典愛好家
Text_level_1
マイリストに追加
蜻蛉日記

御四十九日はてて

御四十九日はてて、七月になりぬ。上に候ひし兵衞の佐、まだ年もわかく、思ふ事ありげもなきに、親をも妻(め)をもうちすてて、山にはひのぼりて法師になりにけり。

「あないみじ」


とののしり、

「あはれ」


といふほどに、妻(め)はまた尼になりぬときく。さきざきなども文かよはしなどする中にて、いとあはれにあさましき事をとぶらふ。

おくやまの思ひやりだにかなしきに またあまぐものかかるなになり

手はさながらか返りごとしたり。
 
山ふかく入りにし人もたづぬれど なほあまぐものよそにこそなれ

とあるも、いとかなし。


かかる世に、中將にや三位にやなど、よろこびをしきりたる人は、

「ところどころなる、いとさわが繁ればあしきを、近うさりぬべき所いできたり」


とて、わたして乗物なきほどにはひわたるほどなれば、人は思ふやうなりと思ふべかめり。しも月なかのほどなり。しはすつごもりがたに、貞観殿の御方、この西なる方にまかで給へり。


Tunagari_title
・蜻蛉日記原文全集「御四十九日はてて」

Related_title
もっと見る 


Keyword_title

Reference_title
The University of Virginia Library Electronic Text Center and the University of Pittsburgh East Asian Library http://etext.lib.virginia.edu/japanese/
長谷川 政春,伊藤 博,今西 裕一郎,吉岡 曠 1989年「新日本古典文学大系 土佐日記 蜻蛉日記 紫式部日記 更級日記」岩波書店

この科目でよく読まれている関連書籍

このテキストを評価してください。

※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。

 

テキストの詳細
 閲覧数 2,267 pt 
 役に立った数 1 pt 
 う〜ん数 1 pt 
 マイリスト数 0 pt 

知りたいことを検索!