新規登録 ログイン

9_80 その他 / その他

蜻蛉日記原文全集「三月ばかりここにわたりたるほどにしもくるしがりそめて」

著者名: 古典愛好家
Text_level_1
マイリストに追加
蜻蛉日記

三月ばかりここにわたりたるほどにしもくるしがりそめて

三月ばかり、ここに渡りたるほどにしもくるしがりそめて、いとわりなうくるしと思ひまどふを、いといみじと見る。いふことは、

「ここにぞ、いとあらまほしきを、何ごともせんにいと便(びん)なかるべければ、かしこへものしなん。つらしとなおぼしそ。にはかにも、いくばくもあらぬ心ちなんするなん、いとわりなき。あはれ、死ぬともおぼしいづべきことのなきなん、いとかなしかりける」


とて泣くをみるに、ものおぼえずなりて、又、いみじう泣かるれば、

「な泣き給ひそ。くるしさまさる。よにいみじかるべきわざは、心はからぬほどに、かかる別れせんなんありける。いかにし給はんずらむ。ひとりはよにおはせじな。さりとも、おのが忌みのうちにし給ふな。もし死なずはありとも、かぎりと思ふなり。ありともこちはえまゐるまじ。おのがさかしからんときこそいかでもいかでもものし給はめとおもへば、かくて死なばこれこそは見たてまつるべき限りなめれ」


など、ふしながらいみじうかたらひて泣く。これかれある人々よびよせつつ、

「ここにはいかに思ひきこえたりとか見る。かくて死なば、又対面せでややみなんと思ふこそいみじけれ」


といへば、みな泣きぬ。みづからは、ましてものだにいはれず、ただ泣きにのみ泣く。かかるほどに心ちいとおもくなりまさりて、車さしよせてのらんとて、かきおこされて人々にかかりてものす。うち見おこせて、つくづくうちまもりて、いといみじと思ひたり。とまるはさらにもいはず。この兄(せうと)なる人なん、

「何か、かくまがまがしう。さらになでふことかおはしまさん。はやたてまつりなん」


とてやがてのりて、かかへてものしぬ。思ひやる心ち、いふかたなし。日に二度(ふたたび)三度(みたび)ふみをやる。人にくしと思ふ人もあらんとおもへども、いかがはせん。かへりごとはかしこなるおとなしき人してかかせてあり。

「「みづからきこえぬがはりなきこと」とのみなんきこえ給ふ」


などぞある。ありしよりもいたうわづらひまさると聞けば、いひしごとみづから見るべうもあらず、

「いかにせん」


など思ひなげきて、十余日にもなりぬ。



Tunagari_title
・蜻蛉日記原文全集「三月ばかりここにわたりたるほどにしもくるしがりそめて」

Related_title
もっと見る 


Keyword_title

Reference_title
The University of Virginia Library Electronic Text Center and the University of Pittsburgh East Asian Library http://etext.lib.virginia.edu/japanese/
長谷川 政春,伊藤 博,今西 裕一郎,吉岡 曠 1989年「新日本古典文学大系 土佐日記 蜻蛉日記 紫式部日記 更級日記」岩波書店

この科目でよく読まれている関連書籍

このテキストを評価してください。

※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。

 

テキストの詳細
 閲覧数 5,460 pt 
 役に立った数 0 pt 
 う〜ん数 3 pt 
 マイリスト数 0 pt 

知りたいことを検索!