新規登録 ログイン

14_80 指数関数と対数関数 / 対数と対数関数

底の変換公式のコツ[底の決め方]

著者名: ふぇるまー
Text_level_1
マイリストに追加
底の変換公式

問題1

次の式を計算しなさい。


この式は、2つの項の底の値が異なるので、底の値をそろえて計算しなければなりません。そこで使うのが底の変換公式でした。

a、b、cが正の数でa≠1、b≠1、c≠1のとき


底を変換したあとの"c"の値を、どうやって決めれば良いのかに頭を悩ませている人も多いでしょう。



のように、項が2つ以上ある場合、一番小さい底にあわせれば、だいたいうまくいきます。今回の問題だと、底で一番小さいのは"2"ですね。

というわけで、底が4の項の底を、2に変換してみましょう。





より



なので、分母を変形します。



以上から与えられた式は、



対数の性質



を用いて、



おさらいしておきましょう。

項が2つ以上ある式の底は、一番小さい底にあわせれば、だいたいうまくいく


問題2

次の式を計算しなさい。


ではこの問題のように、項が1つしかない場合はどうでしょう。「計算しなさい」と出題されているわけですから、これ以上簡単にはできない、ということはありません。

注目すべきは、"9"と"27"です。

9=3²
27=3³

なので、「ひょっとしたら3に底をそろえたらいいんじゃないかな」と感じとりましょう。対数の計算が解ける人は、「なんとなくそう思う」と答えるかもしれませんが、これは何回も何回も練習問題を解いていけば身に付く感覚です。





の底を変換するときは、"a"と"M"に共通する数字がないかを確認してみる



Tunagari_title
・底の変換公式のコツ[底の決め方]

Related_title
もっと見る 


Keyword_title

Reference_title
2013 数学Ⅱ 東京書籍
2013 数学Ⅱ 数研出版

この科目でよく読まれている関連書籍

このテキストを評価してください。

※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。

 

テキストの詳細
 閲覧数 45,991 pt 
 役に立った数 142 pt 
 う〜ん数 23 pt 
 マイリスト数 0 pt 

知りたいことを検索!