新規登録 ログイン

9_80 その他 / その他

蜻蛉日記原文全集「里にもいそがねど」

著者名: 古典愛好家
Text_level_1
マイリストに追加
蜻蛉日記

里にもいそがねど

里にもいそがねど、心にしまかせねば、今日(けふ)、みな出でたつ日になりぬ。来(こ)しときは、膝にふし給へりし人を、いかでやすらかにと思ひつつ、わが身は汗になりつつ、さりともと思ふ心そひてたのもしかりき。こたみは、いと安らかにてあさましきまでくつろかに乗られたるにも、道すがらいみじうかなし。下りてみるにも、さらに物おぼえずかなし。もろともに出でゐつつ、つくろはせし草なども、わづらひしよりはじめてうちすてたりければ、おひこりていろいろにさきみだれたり。わざとのことなども、みなおのがとりどりすれば、我はただつれづれとながめのみして、

「ひとむらすすき虫の音の」


とのみぞいはるる。

てふれねどはなはさかりになりにけり とどめおきける露にかかりて

などぞおぼゆる。

これかれぞ、殿上などもせねば、けがらひも一つにしなしためれば、おのがじじひきつぼねなどしつつあめるなかに、我のみぞまぎるることなくて、夜は念仏の声ききはじむるよりやがて泣きのみ明かさる。四十九日のこと、たれも欠くことなくて家にてぞする。わがしる人、おほかたのことを行ひためれば、人々おほくさしあひたり。わが心ざしには、仏をぞかかせたる。その日すぎぬれば、みなおのがじじ行きあかれぬ。ましてわが心ちは心ぼそうなりまさりて、いとどやるかたなく、人は、かう心ぼそげなるを思ひて、ありしよりはしげうかよふ。


Tunagari_title
・蜻蛉日記原文全集「里にもいそがねど」

Related_title
もっと見る 


Keyword_title

Reference_title
長谷川 政春,伊藤 博,今西 裕一郎,吉岡 曠 1989年「新日本古典文学大系 土佐日記 蜻蛉日記 紫式部日記 更級日記」岩波書店
The University of Virginia Library Electronic Text Center and the University of Pittsburgh East Asian Library http://etext.lib.virginia.edu/japanese/

この科目でよく読まれている関連書籍

このテキストを評価してください。

※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。

 

テキストの詳細
 閲覧数 2,011 pt 
 役に立った数 0 pt 
 う〜ん数 0 pt 
 マイリスト数 0 pt 

知りたいことを検索!