新規登録 ログイン

9_80 その他 / その他

蜻蛉日記原文全集「そのころ五月廿よ日ばかりより」

著者名: 古典愛好家
Text_level_1
マイリストに追加
蜻蛉日記

そのころ、五月廿よ日ばかりより

そのころ、五月廿よ日ばかりより、四十五日の忌みたがへむとて、県(あがた)ありきのところにわたりたるに、宮、ただ垣をへだてたるところにわたり給ひてあるに、六月(みなづき)ばかりかけて、雨いたうふりたるに、たれもふり籠(こ)められたるなるべし、こなたには、あやしきところなれば、漏り濡るるさわぎをするに、かくの給へるぞいとどものくるほしき。

つれづれのながめのうちにそそぐらん ことのすぢこそをかしかりけれ

御かへり、

いづこにもながめのそそぐころなれば よにふる人はのどけからじを

又、のたまへり。

「のどけからじとか、

あめのしたさわぐころしもおほみづに たれもこひぢにぬれざらめやは


御かへり、

よとともにかつみる人のこひぢをも ほすよあらじとおもひこそやれ

又、宮より、

しかもゐぬきみぞぬるらんつねにすむところにはまだこひぢだになし

「さもけしからぬ御さまかな」


などいひつつ、もろともに見る。


Tunagari_title
・蜻蛉日記原文全集「そのころ五月廿よ日ばかりより」

Related_title
もっと見る 


Keyword_title

Reference_title
The University of Virginia Library Electronic Text Center and the University of Pittsburgh East Asian Library http://etext.lib.virginia.edu/japanese/
長谷川 政春,伊藤 博,今西 裕一郎,吉岡 曠 1989年「新日本古典文学大系 土佐日記 蜻蛉日記 紫式部日記 更級日記」岩波書店

この科目でよく読まれている関連書籍

このテキストを評価してください。

※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。

 

テキストの詳細
 閲覧数 1,606 pt 
 役に立った数 0 pt 
 う〜ん数 0 pt 
 マイリスト数 0 pt 

知りたいことを検索!