新規登録 ログイン

14_80 指数関数と対数関数 / 対数と対数関数

指数を対数の形に変形する問題[2³=8をlog₂8=3に]

著者名: ふぇるまー
Text_level_1
マイリストに追加
指数を対数の形に変形する問題

前回のテキストでは、

"log₂8=3"は、「2を3乗したら8になる」という意味なので、この式は"2³=8"と同じ意味である


ことを説明しました。今回は、logを含んだ数式を、指数を含んだ数式に変形する問題についてみていきましょう。

練習問題

次の数式を、logを含んだ形に書き換えなさい。




は、「aをp乗したらMになる」を表していました。与えられた式で考えてみると、「3を4乗したら81となる」なので、"a=3、M=81、p=4"となります。




次の数式を、logを含んだ形に書き換えなさい。

分数が入っていても考え方は同じです。「4を"1/2"乗したら2となる」ので、"a=4、M=2、p=1/2"となります。



次の数式を、logを含んだ形に書き換えなさい。

式にマイナスが入っていても考え方は同じです。「8を"-1/3"乗したら"1/2"となる」ので、"a=8、M=1/2、p=−1/3"となります。





問題をといていてわからなくなったら、



のように簡単な数字をいれてみて、どのように計算をするのだったか思い出してみると、以外とすんなりと計算がすすみますよ。

Tunagari_title
・指数を対数の形に変形する問題[2³=8をlog₂8=3に]

Related_title
もっと見る 


Keyword_title

Reference_title
2013 数学Ⅱ 数研出版
2013 数学Ⅱ 東京書籍

この科目でよく読まれている関連書籍

このテキストを評価してください。

※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。

 

テキストの詳細
 閲覧数 9,377 pt 
 役に立った数 7 pt 
 う〜ん数 1 pt 
 マイリスト数 0 pt 

知りたいことを検索!