新規登録 ログイン

9_80 その他 / その他

更級日記 原文全集「いにしへ、いみじうかたらひ」

著者名: 古典愛好家
Text_level_1
マイリストに追加
更級日記

いにしへ、いみじうかたらひ

いにしへ、いみじうかたらひ、夜昼歌などよみかはしし人の、ありありても、いと昔のやうにこそあらね、たえずいひわたるが、越前守の嫁にてくだりしが、かきたえ音もせぬに、からうじてたよりたづねて、これより、

  絶えざりし思ひも今は絶えにけり 越のわたりの雪のふかさに

といひたる返事(かへりごと)に、

  白川の雪の下なるさざれ石の 中のおもひは消えむものかは
 

弥生のついたちごろに、西山の奥なる所にいきたる。人目も見えず、のどのどとかすみわたりたるに、あはれに心細く、花ばかり咲き乱れたり。

  里遠みあまり奥なる山路には 花見にとても人こざりけり
 

世の中むつかしうおぼゆるころ、太秦(うずまさ)にこもりたるに、宮にかたらひきこゆる人の御もとより文ある、返事きこゆるほどに、鐘のおとのきこゆれば、

  しげかりしうき世の事も忘られず 入りあひの鐘の心ぼそさに

とかきてやりつ。


うらうらとのどかなる宮にて、同じ心なる人、三人ばかり、物語などして、まかでて、またの日、つれづれなるままに、恋しう思ひ出でらるれば、二人の中に、

  袖ぬるる荒磯浪としりながら ともにかづきをせしぞ恋しき

ときこえたれば、

  荒磯はあされど何のかひなくて うしほにぬるるあまの袖かな

いま一人、

  みるめおふる浦にあらずば荒磯の 浪間かぞふる海女もあらじを


おなじ心に、かやうにいひかはし、世の中のうきもつらきもをかしきも、かたみにいひかたらふ人、筑前にくだりてのち、月のいみじう明かきに、かやうなりし夜、宮にまいりて、あひては、つゆまどろまずながめあかいしものを、恋しく思ひつつ寝入りにけり。宮にまいりあひて、うつつにありしやうにてありと見て、うちおどろきたれば、夢なりけり。月も山の端ちかうなりにけり。さめざらましを、といとどながめられて、

  夢さめてねざめの床の浮くばかり 恋ひきとつげよ西へゆく月





Tunagari_title
・更級日記 原文全集「いにしへ、いみじうかたらひ」

Related_title
もっと見る 


Keyword_title

Reference_title
森山京 2001年 「21世紀によむ日本の古典4 土佐日記・更級日記」ポプラ社
長谷川 政春,伊藤 博,今西 裕一郎,吉岡 曠 1989年「新日本古典文学大系 土佐日記 蜻蛉日記 紫式部日記 更級日記」岩波書店

この科目でよく読まれている関連書籍

このテキストを評価してください。

※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。

 

テキストの詳細
 閲覧数 2,659 pt 
 役に立った数 0 pt 
 う〜ん数 1 pt 
 マイリスト数 0 pt 

知りたいことを検索!