新規登録 ログイン

12_80 図形と計量 / 三角形/多角形の面積・内接円/外接円・空間図形

ヘロンの公式の証明と例題

著者名: ふぇるまー
Text_level_2
マイリストに追加
ヘロンの公式

三角形の面積を求める公式にヘロンの公式というものがあります。これまで

底辺×高さ÷2






と三角形の面積を求める公式をたくさん学んできましたが、数学Ⅰで学習する三角形の面積を求める公式は、これで最後になります。

ALT


図のような△ABCの面積をS、そして"a+b+c=2s"としたとき


これがヘロンの公式です。

ヘロンの公式の証明

ではこの公式を証明していきましょう。

ALT


△ABCにおいて、余弦定理より"a²=b²+c²−2b・c・cosA"なので

 ー①


続いてsin²A+cosA²=1"の公式より




これに①を代入すると












ここで"a+b+c=2s"とすると、

b+c−a=a+b+c−2a=2s−2a=2(s−a) ー②

a−b+c=a+b+c−2b=2s−2b=2(s−b) ー③

a+b−c=a+b+c−2c=2(s−c) ー④



に②、③、④を代入すると







0°<A<180°の範囲で、"sinA>0"なので



これを、サインを使って三角形の面積を求める公式に代入します。



これを整理すると



が成り立つことがわかります。ただしこの公式が成り立つのは、公式を導くときに仮定した、"a+b+c=2s"のときです。

練習問題

ALT


a=4、b=5、c=7の△ABCの面積Sを求めなさい。


ヘロンの公式を学習するまでは、例えば、余弦定理を用いてcosAの値を求め、そこからsin²A+cosA²=1"の公式を用いてsinAの値を出し、サインを使って三角形の面積を求める公式を使って三角形の面積を算出しました。

ヘロンの公式があれば、次のように計算できます。

"a+b+c=2s"としたとき
s=(4+5+7)÷2=8

ヘロンの公式より、△ABCの面積Sは、



Related_title
もっと見る 


Keyword_title

Reference_title
2013 数学Ⅰ 数研出版
2013 数学Ⅰ 東京書籍

この科目でよく読まれている関連書籍

このテキストを評価してください。

※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。

 

テキストの詳細
 閲覧数 26,464 pt 
 役に立った数 27 pt 
 う〜ん数 4 pt 
 マイリスト数 0 pt 

知りたいことを検索!

まとめ
このテキストのまとめは存在しません。