新規登録 ログイン

9_80 その他 / その他

更級日記 原文全集「東山」

著者名: 古典愛好家
Text_level_1
マイリストに追加
更級日記

東山

かへる年、むつきの司召(つかさめし)に、親の喜びすべきことありしに、かひなきつとめて、同じ心に思ふべき人のもとより、

「さりともと思ひつつ、あくるを待ちつる心もとなきに」


といひて、

  あくる待つ鐘の声にも夢さめて 秋のもも夜の心地せしかな

といひたる返りごとに、

  あかつきをなにに待ちけむ思ふこと なるともきかぬ鐘の音ゆゑ


四月のつごもりがた、さるべき故ありて、東山なる所へうつろふ。道のほど、田の苗代水まかせたるも、植ゑたるも、なにとなくあおみ、をかしう見えわたりたる。山のかげくらう、前ちかう見えて、心細くあはれなる夕暮、水鶏(くひな)いみじく鳴く。

  たたくとも誰かくひなのくれぬるに 山路をふかくたづねてはこむ

霊山ちかき所なれば、詣でてをがみたてまつるに、いと苦しければ、山寺なる石井によりて、手にむすびつつのみて、

「この水のあかずおぼゆるかな」


といふ人あるに、

  奥山の石間の水をむすびあげて あかぬものとは今のみや知る

といひたれば、水のむ人、

  山の井のしづくににごる水よりも こはなほあかぬ心地こそすれ


かへりて夕日けざやかにさしたるに、都の方ものこりなく見やらるるに、この雫ににごる人は、京にかへるとて、心苦しげに思ひて、まだつとめて、

  山の端に入日の影は入りはてて 心細くぞながめやられし


念仏する僧の、あかつきにぬかづく音のたうとくきこゆれば、戸をおしあけたれば、ほのぼのと明け行く山ぎわ、こぐらき梢ども霧りわたりて、花紅葉の盛りよりも、何となく繁りわたれる空のけしき、くもらはしくをかしきに、ほととぎすさへ、いと近き梢に、あまたたび鳴いたり。

  誰に見せたれにきかせむ山里の このあかつきもをちかへる音も

このつごもりの日、谷の方なる木の上に、ほととぎすかしがましく鳴いたり。

  都にはまつらむものをほととぎす けふ日ねもすに鳴き暮らすかな

などのみながめつつ、もろともにある人、

「ただ今京にも聞きたらむ人あらむや、かくてながむらむと、思ひおこする人あらむや」


などいひて、

  山深くたれか思ひはおこすべき 月見る人はおほからめども

といへば

  深き夜に月見るをりは知らねども まづ山里ぞ思ひやらるる


暁になりやしぬらむと思ふほどに、山の方より、人あまたくるおとす。驚きて見やりたれば、鹿の、縁のもとまできて、うち鳴いたる、ちかうてはなつかしからぬものの声なり。

  秋の夜のつまこひかぬる鹿の音は 遠山にこそきくべかりけれ

知りたる人の、ちかきほどにきてかへりぬときくに、

  まだ人目しらぬ山辺のまつかぜも 音してかへるものとこそきけ


Tunagari_title
・更級日記 原文全集「東山」

Related_title
もっと見る 


Keyword_title

Reference_title
森山京 2001年 「21世紀によむ日本の古典4 土佐日記・更級日記」ポプラ社
長谷川 政春,伊藤 博,今西 裕一郎,吉岡 曠 1989年「新日本古典文学大系 土佐日記 蜻蛉日記 紫式部日記 更級日記」岩波書店

この科目でよく読まれている関連書籍

このテキストを評価してください。

※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。

 

テキストの詳細
 閲覧数 3,460 pt 
 役に立った数 0 pt 
 う〜ん数 2 pt 
 マイリスト数 0 pt 

知りたいことを検索!