新規登録 ログイン

9_80 その他 / その他

更級日記 原文全集「富士川」

著者名: 古典愛好家
Text_level_1
マイリストに追加
更級日記

富士川

富士の山はこの国なり。わが生ひいでし国にては、西面に見えし山なり。その山のさま、いと世に見えぬさまなり。さまことなる山の姿の、紺青をぬりたるやうなるに、雪の消ゆる世もなくつもりたれば、色濃き衣に、白き衵(あこめ)きたらむやうに見えて、山の頂の少し平らぎたるより、煙は立ちのぼる。夕暮れは、火の燃え立つも見ゆ。
 

清見が関は、片つかたは海なるに、関屋どもあまたありて、海までくぎぬきしたり。けぶりあふにやあらむ、清見が関の波もたかくなりぬべし。おもしろきことかぎりなし。田子の浦は、波たかくて舟にて漕ぎめぐる。

大井河といふわたりあり。水の、世のつねならず、すりこなどを濃くてながしたらむやうに、白き水、はやく流れたり。


富士河といふは、富士の山より落ちたる水なり。その国の人の出でて語るやう、

「一年(ひととせ)ごろ、物にまかりたりしに、いと暑かりしかば、この水のつらに休みつつ見れば、河上の方より黄なる物ながれきて、物につきてとどまりたるを見れば、反故なり。とりあげて見れば、黄なる紙に、丹(に)して、濃くうるはしく書かれたり。あやしくて見れば、来年なるべき国どもを、除目のごとみな書きて、この国来年あくべきにも、守なして、また添へて二人をなしたり。あやし、あさましと思ひて、取り上げて、乾して、おさめたりしを、かへる年の司召に、この文に書かれたりし、ひとつたがはず、この国の守とありしままなるを、三月そうちになくなりて、またなりかはりたるも、このかたはらに書きつけられたりし人なり。かかることなむありし。来年の司召などは、この山に、そこばくの神々あつまりて、ない給ふなりけりと見給へし。めづらかなることにさぶらふ」


と語る。
Tunagari_title
・更級日記 原文全集「富士川」

Related_title
もっと見る 


Keyword_title

Reference_title
森山京 2001年 「21世紀によむ日本の古典4 土佐日記・更級日記」ポプラ社
長谷川 政春,伊藤 博,今西 裕一郎,吉岡 曠 1989年「新日本古典文学大系 土佐日記 蜻蛉日記 紫式部日記 更級日記」岩波書店

この科目でよく読まれている関連書籍

このテキストを評価してください。

※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。

 

テキストの詳細
 閲覧数 4,775 pt 
 役に立った数 0 pt 
 う〜ん数 0 pt 
 マイリスト数 0 pt 

知りたいことを検索!