新規登録 ログイン

9_80 その他 / その他

更級日記 原文全集「足柄山」

著者名: 古典愛好家
Text_level_1
マイリストに追加
更級日記

足柄山

野山、蘆(あし)おぎの中をわくるよりほかのことなくて、武蔵と相模との中にゐて、あすだ河といふ、在五中将の

「いざこと問はむ」


とよみけるわたりなり。中将の集にはすみだ河とあり。舟にて渡りぬれば、相模の国になりぬ。
 
にしとみといふ所の山、絵よくかきたらむ屏風をたてならべたらむやうなり。片つかたは海、浜のさまも、よせかへる波のけしきも、いみじうおもしろし。

もろこしが原といふ所も、砂子のいみじう白きを二三日ゆく。

「夏は、大和撫子の、こく、うすく、錦をひけるやうになむさきたる。これは秋の末なれば見えぬ」


といふに、なほ所々はうちこぼれつつ、あはれげに咲きわたれり。

「もろこしが原に、山と撫子しも咲きけむこそ」


など、人々をかしがる。
足柄山といふは、四、五日かねて、おそろしげに暗がりわたれり。やうやう入り立つ麓のほどだに、空のけしき、はかばかしくも見えず。えもいはず茂りわたりて、いとおそろしげなり。麓にやどりたるに、月もなく暗き夜の、闇にまどふやうなるに、遊女(あそび)三人、いづくよりともなく出できたり。五十ばかりなるひとり、二十ばかりなる、十四五なるとあり。庵の前にからかさをささせてすゑたり。男ども、火をともして見れば、昔、こはたといひけむが孫といふ。髪いと長く、額いとよくかかりて、色白くきたなげなくて、

「さてもありぬべき下仕へなどにてもありぬべし」


など、人々あはれがるに、声すべてにるものなく、空にすみのぼりて、めでたく歌をうたふ。人々いみじうあはれがりて、け近くて人々もて興ずるに、

「西国の遊女はえかからじ」


などいふを聞きて、

「難波わたりにくらぶれば」


とめでたく歌ひたり。見る目のいときたなげなきに、声さへにるものなくうたひて、さばかりおそろしげなる山中に立ちて行くを、人々飽かず思ひてみな泣くを、をさなき心地には、ましてこの宿りを立たむことさへあかずおぼゆ。

まだ暁より足柄を越ゆ。まいて山の中のおそろしげなること、いはむ方なし。雲は足の下にふまる。山のなからばかりの、木の下のわづかなるに、葵のただ三筋ばかりあるを、世離れて、かかる山中にしも生ひけむよと、人々あはれがる。水はその山に三所ぞながれたる。

からうじて越えいでて、関山にとどまりぬ。これよりは駿河なり。よこはしりの関の傍らに、岩壷といふ所あり。えもいはず大きなる石の四方なる中に、穴のあきたる中よりいづる水の、清く冷たきこと限りなし。



Tunagari_title
・更級日記 原文全集「足柄山」

Related_title
もっと見る 


Keyword_title

Reference_title
長谷川 政春,伊藤 博,今西 裕一郎,吉岡 曠 1989年「新日本古典文学大系 土佐日記 蜻蛉日記 紫式部日記 更級日記」岩波書店
森山京 2001年 「21世紀によむ日本の古典4 土佐日記・更級日記」ポプラ社

この科目でよく読まれている関連書籍

このテキストを評価してください。

※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。

 

テキストの詳細
 閲覧数 3,539 pt 
 役に立った数 0 pt 
 う〜ん数 0 pt 
 マイリスト数 0 pt 

知りたいことを検索!