新規登録 ログイン

9_80 その他 / その他

更級日記 原文全集「乳母との別れ」

著者名: 古典愛好家
Text_level_1
マイリストに追加
更級日記

乳母との別れ

十七日のつとめて、たつ。昔、下総の国に、まのしてらといふ人住みけり。ひきぬのを千むら万むら織らせ、さらさせけるが家の跡とて、深き河を舟にて渡る。昔の門の柱のまだ残りたるとて、大きなる柱、川の中に四つ立てり。人々歌よむを聞きて、心のうちに、

  朽ちもせぬこの河柱のこらずは 昔のあとをいかで知らまし


その夜は、くろとの浜といふ所にとまる。かたつ方はひろ山なる所の、砂子はるばると白きに、松原しげりて、月いみじうあかきに、風の音もいみじう心ぼそし。人々をかしがりて、歌よみなどするに、

  まどろまじ今宵ならではいつか見む くろとの浜のあきの夜の月
 
そのつとめて、そこをたちて、下総の国と武蔵との境にてあるふとゐ河といふが上の瀬、松里のわたりの津にとまりて、夜ひとよ、舟にてかつがつ物などわたす。乳母なる人は、をとこなどもなくなして、境にて子うみたりしかば、はなれてべちにのぼる。いと恋しければ、いかまほしく思ふに、せうとなる人いだきてゐていきたり。皆人は、かりそめの仮屋などいへど、風すくまじく、ひきわたしなどしたるに、これはをとこなどもそはねば、いと手はなちに、あらあらしげにて、苫(とま)といふものを一重うちふきたれば、月のこりなくさし入りたるに、紅の衣うへにきて、うちなやみてふしたる月かげ、さやうの人にはこよなくすぎて、いと白く清げにて、めづらしと思ひてかきなでつつうち泣くを、いとあはれに見すてがたく思へど、いそぎゐていかるる心地、いとあかずわりなし。おもかげにおぼえて悲しければ、月のけうもおぼえず。くんじふしぬ。


つとめて、舟に車かきすゑて渡して、あなたの岸に車ひきたてて、送りに来つる人々、これより皆かへりぬ。のぼるはとまりなどして、行き別るるほど、ゆくもとまるも、みな泣きなどす。をさな心地にもあはれに見ゆ。


Tunagari_title
・更級日記 原文全集「乳母との別れ」

Related_title
もっと見る 


Keyword_title

Reference_title
森山京 2001年 「21世紀によむ日本の古典4 土佐日記・更級日記」ポプラ社
長谷川 政春,伊藤 博,今西 裕一郎,吉岡 曠 1989年「新日本古典文学大系 土佐日記 蜻蛉日記 紫式部日記 更級日記」岩波書店

この科目でよく読まれている関連書籍

このテキストを評価してください。

※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。

 

テキストの詳細
 閲覧数 3,893 pt 
 役に立った数 0 pt 
 う〜ん数 0 pt 
 マイリスト数 0 pt 

知りたいことを検索!

まとめ
このテキストのまとめは存在しません。